HOME > トピックス > 市街地での人流計測実験を実施しました

トピックス

市街地での人流計測実験を実施しました

(2006.12.4 更新)

日時 2006年12月2日(土曜日)、3日(日曜日)
場所 JR小倉駅周辺
内容 九州工業大学ネットワークデザイン研究センターでは、「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」におけるReal PBL(Project-Based Learning)の取り組みの一つとして、北九州市、並びに九州ヒューマンメディア創造センターなどと共同して、12月2日・3日にJR小倉駅周辺で「電子タグを用いた市街地での人流計測」をテーマとした実証実験を実施しました。

実験では、約150人に電子タグ(縦3センチ、横5センチの発信機)を身につけて、小倉の街中を自由散策していただきました。その結果、各人の進行経路や滞在時間などが計測されました。実験で得られたデ-タは、商店街の活性化や街作り等に役立てられる予定です。

「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」の詳細はこちらから

問合せ先 jho-soumu@jimu.kyutech.ac.jp
担当者 情報工学部総務係