HOME > プレススクラップ > 紫キャベツを使用した太陽電池 FBS福岡放送「めんたいワイド」が紹介

プレススクラップ

紫キャベツを使用した太陽電池 FBS福岡放送「めんたいワイド」が紹介

(2007.6.12 更新)

日時 2007年6月20日(水曜日)
内容 FBS福岡放送制作の生活情報バラエティー番組「めんたいワイド」において、紫キャベツの色素を用いた色素増感太陽電池(情報工学部電子情報工学科古川研究室の研究)が、平成19年6月20日(水)午後6時15分~午後6時30分頃から紹介される予定です。

色素増感太陽電池は、将来のクリーン・エネルギーとして期待されており、古川研究室では、紫キャベツの色素を用いて0.24%程度の変換効率を持つ太陽電池の作製に成功いたしました。変換効率は、まだ、小さいものの、色素の価格が極めて安いため、非常に期待出来る太陽電池です。番組では、色素の抽出からデバイスの作製、及び特性の評価までが紹介される予定です。
参照サイト FBS福岡放送 めんたいワイド
問合せ先 jho-soumu@jimu.kyutech.ac.jp
担当 情報工学部総務係

>> 戻る