HOME > トピックス > 九州経済連合会と先導的IT人材育成施策で協定を締結しました

トピックス

九州経済連合会と先導的IT人材育成施策で協定を締結しました

(2007.8.3 更新)


調印式の様子

握手を交わす田中情報工学部長と小椋情報通信委員長
日時 2007年8月1日(水曜日)
場所 (社)九州経済連合会会議室
内容 九州工業大学情報工学部と九州経済連合会情報通信委員会は、8月1日、九州地域における先導的なIT人材育成の推進を主な目的として、先導的IT人材育成施策提携に関する協定を締結しました。九州経済連合会と大学がIT人材育成で協定を結ぶのは初の取り組みであり、IT先進企業との長期インタ-ンシップなどにより、先進的・実践的な教育を行っていく予定です。本件は、西日本新聞(8月1日夕刊,8月2日朝刊)、読売新聞(8月2日朝刊)、日本経済新聞(8月2日朝刊)、日刊工業新聞(8月2日朝刊)に掲載されました。

情報工学部(情報工学研究科)は、九州大学大学院システム情報科学府他と連携して、文部科学省「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」の全国6拠点のうちのひとつに選ばれており、ソフトウェアの研究開発現場で直ちに求められる専門的なスキル(すなわち即戦力)と、長期的な変化にも対応できるソフトウェア開発力(すなわち先見性)をともに備えた「先導的ITスペシャリスト」を、産学の協力のもとに育成してい予定です。

問合せ先 jho-soumu@jimu.kyutech.ac.jp
担当 情報工学部総務係