HOME > トピックス > 文部科学省の「大学院教育改革支援プログラム」に採択されました

トピックス

文部科学省の「大学院教育改革支援プログラム」に採択されました

(2007.9.13 更新)

日時 2007年9月
場所 情報工学部
内容  文部科学省の平成19年度「大学院教育改革支援プログラム」に、九州工業大学情報工学研究科の教育プログラム「モジュール積上げ方式の分野横断型コース」が、採択されました。本プログラムは、情報工学部がここ数年来取り組んできた教育改革の一環に位置付けられるもので、大学院前期課程における教育改革の中心となるものです。

 モジュール積上げ方式の分野横断型コースとは、大学院の講義科目をモジュールという単位(3科目程度で1モジュール)でまとめ、さらにモジュールをいくつか組み合わせることにより1つのコースとするものです。
 平成19年度には、6つのコース(メディア処理コース,LSIコース,ロボットコース,デジタルエンジニアリングコース,ライフサイエンスコース,バイオインフォマティックコース)を開設しました。学生は、自分が就きたい職業に関連したコースをとることにより、必要な知識やスキルを系統的に習得できることになります。
 今年度は初年度ということもあり6コースだけの開設となりましたが、今後はさらにコースを増やしていく予定です。

 なお、文部科学省の平成19年度「大学院教育改革支援プログラム」には、国公私立大学から申請のあった355件[154校]のうち、126件〔61校〕が採択されました。参照サイトをぜひご覧下さい。

参照サイト 文部科学省「大学院教育改革支援プログラム」
問合せ先 jho-soumu@jimu.kyutech.ac.jp
担当 情報工学部総務係