HOME > イベント > The First International Workshop on Information Network Design (WIND’08)の開催について

イベント

The First International Workshop on Information Network Design (WIND’08)の開催について

(2008.11.25更新)

日時 平成20年12月4日~5日
場所 KTIホール(北九州市小倉北区,AIMビル8F)
内容  近年、ネットワークはわたしたちの日常生活に浸透し。様々な活動を支える基盤となりつつあります。そこでネットワークが人を中心に捉えたネットワークとなるように、ストレスを感じずに通信できるネットワーク、さらには人間の活動を支え、助けるパートナーとしての次世代ネットワークをデザインする必要があります。
 九州工業大学ネットワークデザイン研究センターでは、ネットワーク基盤技術およびネットワーク利活用技術、さらには人間の活動と関連する様々な分野の研究者との連携及び産学官連携を推進してきました。

WIND’08では,アメリカ,ヨーロッパから4件の招待講演
– Prof. Mario Gerla (UCLA (USA))
– Dr. Peter Eisert (Heinrich-Hertz-Institute, Fraunhofer (Germany))
– Prof. Gunther Raidl (Vienna University of Technology (Austria))
– Prof. David Corne (Heriot-Watt University (Scotland))
および日本国内の産学官から12件の一般講演を行います。

主な目的は、ネットワークデザインを学際的に考えるために、国内外の研究者が集って議論することにあります。そのため、情報ネットワークデザインに関する最新の研究成果だけでなく次世代のネットワークに関するアイデアを紹介していただきます。

国内外のネットワークデザイン研究者によるディスカッションが可能なまれな機会となっておりますので、ぜひご参加ください。参加費は無料です。

参加を希望される方は、ご氏名、ご所属、連絡先メールアドレスをWIND’08 事務局まで電子メールにてお申し込みください。会場準備の関係上、勝手ながら参加申込受付を【11月30日まで】とさせていただきます。

詳細:http://www.ndrc.kyutech.ac.jp/wind2008/
主催:九州工業大学ネットワークデザイン研究センター
共催:北九州市
協賛:IEEE福岡支部
後援:電子情報通信学会九州支部
    電子情報通信学会IA研究会
    情報処理学会九州支部
    ヒューマンメディア創造センター
参照サイト http://www.ndrc.kyutech.ac.jp/wind2008/
問合せ先 九州工業大学ネットワークデザイン研究センター

>> 戻る