HOME > イベント > 学内・学生向け特別講演のご案内

イベント

学内・学生向け特別講演のご案内

(2009.10.14 更新)

日時 2009年10月14日(水),28日(水)
内容  皆様,下記のように情報工学部にて日立情報システムズの現役技術者の方々による特別講演を行います.昨年度も実施しましたが多数の学生が参加し大変好評でした.情報工学部ではSEをはじめ,将来ソフトウェア技術に携わる学生も多いです.将来自分が携わる可能性がある分野の技術者から直接話を聞けるまたとない良い機会だと思います.

講演内容も最新のソフトウェア技術をはじめ,最近の傾向を反映した非常に面白い話題を厳選して学生向けに分かり易くお話くださるそうです.技術者としての働き方,考え方から日頃の自己研鑽の方法いたるまでについてもお話いただくようにお願いしてあります.講演は下記のように複数回にわたって行いますが,一部の参加でも構いません. 奮って参加してください.

なお日立情報システムズは仮想化技術に関連する運用ノウハウを持つシステム開発大手企業であり,最近の悪い経済情勢の中でも業績がもっとも好調なIT系企業のひとつです.就職のための会社研究や業界研究のために参加するのも良いかと思います.

スケジュール (1)  2009年10月14日(水)10:30-12:00 1201教室
「クラウド時代のUIデザインとWebマーケティング 」
鹿島 泰介氏(研究開発本部) 
概要:クラウドコンピューティング概論,UIデザイン概論,Webマーケティング概論
世話人からのコメント : 鹿島氏は工業デザインを手がけた御経験から最近では使い易い(ユーザビリティの高い)Webデザインやコンサルタントをされています.皆さんはこのWebページは,なんて使いにくいのだろうとか,必要な情報がうまく見つけられなかった経験はありませんか.この講義に参加して日頃の疑問を解消しましょう.
(注) 機械情報工学科3年「マルチメディア技術」の講義枠で行います.
   必ず事前申し込みを行ってください.
———————————————————————————————–
(2)  2009年10月14日(水)13:00-14:30 総合研究棟7階大学院セミナー室
「RFID技術と適用事例の紹介」
山方 茂氏(日立グループサービス事業部)
概要:RFID活用事例の紹介,RFIDのメリットと活用方法,RFIDの技術動向,ディスカッション
世話人からのコメント : RFIDは無線ICタグとか非接触型ICチップとも呼ばれ無線通信により予め決まったID情報をやり取りする技術です.
SuicaやEdyなどにも使われていますよね.日立情報システムズはRFIDを応用したソリューションを持っています.例えばアミューズメント施設やJ-POPコンサートでの応用例の話は面白いです.
皆さんも新しい技術に関するアイディアについて議論に参加してみましょう.
———————————————————————————————–
(3) 2009年10月28日(水)13:00-14:30 総合研究棟7階大学院セミナー室
「サービスとしての情報セキュリティ事業」
本川 祐治氏(ネットワークサービス事業部)
概要:情報システムにおけるセキュリティの脅威,
セキュリティ技術の最新動向,ソリューション・サービスへの取組み
世話人からのコメント : 本川氏はセキュリティのエキスパートで,最先端セキュリティ技術に関する国際会議 Black Hat の日本コーディネータです.
DNSキャッシュ・ポイズニングのぜい弱性を発見したダン・カミンスキー氏に「仮眠好・男」Tシャツを贈ったことでも知られています.講演は大変面白くいつも大人気です.本川さんから直接セキュリティに関する話を聞ける機会はたいへん貴重だと思います.皆さんも日本屈指のセキュリティのエキスパートに日頃の疑問をぶつけてみませんか?
———————————————————————————————–
(4) 2009年10月28日(水) 14:40-16:10 総合研究棟5階大学院セミナー室
「アウトソーシング事業の動向と技術開発について」
石井 健一氏(研究開発本部・アウトソーシング技術研究開発センタ長)
概要:アウトソーシング事業の変遷,適用技術の最新動向
世話人からのコメント : 石井氏は今年度はじめて講演していただきます.企業が基幹情報システムを維持運営するには非常に大きなコストがかかるので,それを削減するために情報分野におけるアウトソーシング事業はいまもっとも注目を集めている分野でです.これを事業として行うには,大変なノウハウが必要になります.どの点が難しいのか,どうすれば解決できるのか面白いお話を伺えるものと期待されます.
対象者  本学の大学院生,学部学生,教職員
参加方法 上記対象者ならどなたでも無料で参加できます.ただし準備の都合で事前に参加人数を把握したいので,できるだけメールで事前申込を行ってください.
特に鹿島氏の講演(1)は普通教室で講義の一環として行います.これについては必ず事前申込が必要になります(講義を履修登録してる学生は申込不要).
それ以外は直前でも会場に空席があれば参加可能です.
事前申込先等 事前申込先宛先 : 小出 洋 <koide@ai.kyutech.ac.jp>
題目:日立情報システムズ特別講演申込 ←必ずサブジェクト(件名)に付けてください

以下の3つの情報をお願いします.
名前 : 九工大太郎
所属 : ○○学科○年
参加希望講演 : (1)  (2)  (3)  (4)   ←参加したい講演を残してください