HOME > トピックス > 「飯塚サイエンスギャラリー」オープニング・セレモニーを開催しました

トピックス

「飯塚サイエンスギャラリー」オープニング・セレモニーを開催しました

(2010.3.24 更新)

左から安永広報室長 齊藤飯塚市長 尾家研究院長
左から安永広報室長 齊藤飯塚市長 尾家研究院長
講演する酒井館長(修正後)
講演する酒井館長
展示コーナー
展示コーナー
実演・体験コーナー
実演・体験コーナー
内 容 情報工学部では、情報工学のこれまでの歩みや研究成果を紹介する「飯塚サイエンスギャラリー」を飯塚キャンパス内に開設し、3月22日(月)にオープニング・セレモニーを開催いたしました。
齊藤守史飯塚市長を迎えてのテープカットに始まり、北九州イノベーションギャラリーの酒井英孝館長により「生活を豊かにする“ものづくり”~そのはじまり、石炭と鉄~」と題して基調講演が行われました。
天候に恵まれたこともあり、入場者は、飯塚市近郊の家族連れを中心に約500名を数え、タイプライター、手回し計算機、蓄音機などの過去の情報通信機器の展示コーナー、オープニングセレモニーに併せて企画した理科実験や電子工作などの実演・体験コーナー、学内施設の見学ツアーなどを楽しんでいました。
飯塚サイエンスギャラリーは、平日の正午から午後1時までは誰でも自由に見学することできます。それ以外の時間での見学をご希望の場合、もしくは、団体での見学をご希望の場合は、事前にお問合せください。
参 照 「飯塚サイエンスギャラリー」オープニング・セレモニーの様子 画像(PDF)
問合せ先 情報工学部広報室(0948-29-7509)

>> 戻る