HOME > トピックス > 本学教育職員がヒトゲノム会議2011で遺伝子命名賞を受賞しました

トピックス

本学教育職員がヒトゲノム会議2011で遺伝子命名賞を受賞しました

(2011.3.25 更新)


「賞状」
日 時 2011年3月14日(月)~17日(木)
場 所 ドバイ国際コンベンション&エキシビジョンセンター(アラブ首長国連邦)
内 容  生命情報工学研究系のクリスチャン・ションバッハ教授がHGM(Human Genome Meeting)2011において、遺伝子命名への寄稿でHUGO命名賞を受賞しました。
 ヒトゲノム会議はHUGO(Human Genome Organization)が主催する毎年恒例の会議の一つです。この会議はヒトゲノム研究分野における学識を更新・向上させることを目的としています。
 HGM2011ではゲノミクスと遺伝性疾患についての遺伝学に焦点を当てました。
関連URL ヒトゲノム国際機構
担 当 情報工学部 広報室

>> 戻る