HOME > プレススクラップ > 本学教員の研究・開発記事が西日本新聞筑豊版で取り上げられました 

プレススクラップ

本学教員の研究・開発記事が西日本新聞筑豊版で取り上げられました 

(2014.6.24 更新)

掲載紙 西日本新聞(筑豊版)
掲載日 平成26年6月24日(火)
内 容  情報工学研究院 機械情報工学研究系の 伊藤 高廣 教授 が開発中の『自走式カプセル型内視鏡』は、3~5年後の商品化を目指しています。
 この『自走式カプセル型内視鏡』は、検査時間の大幅な短縮が期待されるのを始め、現在利用されているチューブ型の胃カメラに比べて、人体への負担が軽減されるなどの利点が多くあげられています。

 現在、本学と麻生飯塚病院、飯塚市の3機関が取り組んでいる ”医工学連携” を、うまく利用した今後の展開に期待が寄せられています。

掲載記事 平成26年6月24日(火) 西日本新聞 筑豊版22面
問い合せ先 大学院 情報工学研究院 機械情報工学研究系
  伊藤 高廣 教授
     電話:0948-29-7765
     E-mai:ito*mse.kyutech.ac.jp  (*を@に変えてお送りください)

>> 戻る