HOME > トピックス > 協定校であるマレーシア工科大学の学生10名の訪問を受け入れました 

トピックス

協定校であるマレーシア工科大学の学生10名の訪問を受け入れました 

(2014.10.01更新)


日産自動車九州工場見学後の集合写真

福岡マスジドアンヌールイスラム文化センター訪問

本プログラムでの講義の様子

修了報告書授与式の様子
日 時 平成26年9月7日(日) ~ 9月13日(土)
場 所 飯塚キャンパスほか
内 容  本学は、アジアの青少年に日本の最先端の科学技術への関心を高めてもらい、日本の大学・研究機関や企業が必要とする海外からの優秀な人材の育成に貢献することを目的とした 科学技術振興機構公募事業 『さくらサイエンスプラン』 に採択されています。
 この事業の一環として、9月7日から9月13日の7日間、協定校であるマレーシア工科大学(UTM)から、日本を始めて訪れる学生を10名受入れました。
_
 UTMの学生は、日産自動車九州工場や安川電機工場を見学し、最先端の日本の工学技術に触れたり、福岡マスジドアンヌールイスラム文化センターを訪問、学内にいるイスラム教の学生や研究者と交流するなど、7日間という限られた日程を有意義に過ごしました。
 参加学生からは「非常に有益な体験であり、機会があれば再度訪問したい」などの声が多数寄せられました。
_
問い合せ先 情報工学研究院 システム創成情報工学研究系 尾下 真樹 准教授
    電話 :0948-29-7718
     E-mail:oshita*ces.kyutech.ac.jp (*を@に変えてお送りください)

>> 戻る