HOME > トピックス > 厚生労働省の安全活動コンクールで本学の活動が優良事例に選出されました。

トピックス

厚生労働省の安全活動コンクールで本学の活動が優良事例に選出されました。

(2015.3.16更新)


①防火戸対策

②防火シャッター対策
日 時 平成27年 3月10日(火)
内 容  本学、飯塚キャンパスの技術職員グループで行った防火戸に関する安全活動が厚生労働省、あんぜんプロジェクト平成26年度「見える」安全活動コンクールにおいて優良事例に選出され、HPに公開されました。
 グループは、福岡市医院での火災事故を教訓に学内の防火戸に、見える化に焦点を当てた対策を実施しました。
 その対策が、「目につきやすく、緊急時の動きの図式化を行っている点がよい」という評価を受けました。
 取り組みが更に活性化し、安全の意識の向上が期待されます。
_
実施者:修行 美恵 衛生管理者、新山 誠二 安全管理者
     ゼロ災委員(荒川等、川村博志、桑田一英、月原由紀、
             本田俊光、松島雅寛)
詳 細 「防火戸」どこで,どう動く?厚生労働省 あんぜんプロジェクト
平成26年度「見える」安全活動コンクール
安全活動の「見える化」による労働災害防止以外の効果
URL:http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/concour/2014/result.html
問い合せ先 情報工学部 技術部 

>> 戻る