HOME > コース紹介 > 6.バイオインフォマティクスコース

コース紹介

6.バイオインフォマティクスコース

6.バイオインフォマティクスコース

ゲノム科学、ポストゲノム科学の急速な発展とともに、塩基配列、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボロームを含む大量の生物情報が生み出されています。一方、タンパク質の構造解析技術の発展によって、多数のタンパク質の機能が解明されています。これらの多様な生物・生体情報から、生物システムを分子レベルから理解するために必要な情報科学・システム工学・生物物理学の方法論を修得し、医療やバイオテクノロジーの発展に貢献できる人材を養成します。