推薦入試Ⅰについて

推薦入試Ⅰについて
ホーム > 入試・入学案内 > 推薦入試Ⅰについて

情報工学部の推薦入試Iについて(大学入試センター試験を課さない)

概要についてはこちら

出願要件

次の各号に該当する者

  1. 高等学校(特別支援学校の高等部を含む。)及び中等教育学校並びに文部科学大臣が日本の高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を卒業した者及び平成30年3月卒業(修了)見込みの者
  2. 合格した場合、入学することを確約できる者
  3. 出身学校長が責任を持って推薦する者

選抜方法

大学入試センター試験を免除し、調査書及び面接試験の結果に基づき、合否を判定します。
面接試験は、複数面接担当者による各類で定められた時間(20〜30分間)の個人面接で、志望動機、適性等の他に、英語、数学及びインターネット出願登録時に選択した理科(物理、化学、生物の領域から1つを選択)の基礎的学力をみる口頭試問を含みます。
高等学校若しくは中等教育学校の職業教育を主とする学科及び総合学科の出身者については、数学の選択範囲を情報技術基礎(工業)、プログラミング(商業)、アルゴリズムとプログラム(情報)まで拡張しますので、該当者はインターネット出願登録時に数学の範囲を選択してください。
なお、今年度の面接試験出題範囲は こちらをご参照下さい。

その他

知的好奇心に富み、物事をじっくり観察し、深く考察して論理的判断を下すことができる学生を募集します。
十分な基礎学力を持ちながら筆記試験では実力を発揮できない者、理数系や情報工学系の特定の分野に強い興味を持ち創造性豊かな者、勉学に対する熱意を持ち課外活動を通して積極的行動力や指導力を身につけた者等を対象とします。