3年次編入学受入方針

3年次編入学受入方針
ホーム > 入試・入学案内 > 3年次編入学受入方針

3年次編入学について

編入学試験では、3年次編入が可能な基礎学力を有しているとともに、他の大学、高等専門学校、短期大学等で得た知見を生かして、さらにその能力を高める意欲を持つ学生を受け入れます。そのため、面接試験を含め総合的に選抜を行いますが、その内容は学科ごとにそれぞれ次のとおりです。

知能情報工学科

情報系の学問や技術への適性、特に、数学、英語、情報関係科目の基礎学力や論理的思考能力などを重視して評価します。

電子情報工学科

電子、情報、通信系学問/技術への興味と学習意欲、数学、物理、英語の基礎学力、ならびにコミュニケーション能力を重視して評価します。

システム創成情報工学科

ITの知識とセンスを活かしたシステムの構築に強い興味と意欲を持ち、その実現に必要となる「基礎学力」、「論理的思考能力」及び「自ら考え、行動する能力」を評価します。

機械情報工学科

数学、理科の十分な基礎学力を有するかどうかを評価し、また未踏の分野への開拓精神とともに新しい技術の修得に意欲を持っているかどうかを評価します。

生命情報工学科

現在までに修得した知識や経験について、また今後これらを生かして情報科学と生命科学の両分野で修学していく意欲を持つかどうかについて評価を行います。

編入学試験入学者選抜要項

情報工学部第3次編入学生の単位認定について

第3次編入学生に対しては、編入学生に適用される単位認定の基準に基づいて、履修済科目の単位認定が行われます。したがって、編入学生の認定される単位数は、高等専門学校や大学において履修済みである科目や、各学科で決められたカリキュラムにおいて認定される単位数の違いにより、各編入学生において異なります。単位認定の基準については、以下を参照ください。

各学科の高専関連科目

各学科の研究分野と高専科目の結びつきイメージ図
各学科の研究分野と高専科目

入試試験に関するお問い合わせ先は入試課入試実施係まで