HOME > 学科紹介 > 知能情報工学科

知能情報工学科 Department of Artificial Intelligence

人とコンピュータが協調する、新しい情報技術。

>> 知能情報工学科へ
>> 知能情報工学科ムービーへ
>> 高校の関連科目

学科の特徴

これからの情報技術は、ことば、音声、映像などのさまざまなメディアを利用することによって、コンピュータと人との協調を可能にします。つまり、人が考えて操作するのではなく、人が考えることをサポートするような知的な情報システムを実現することが可能になります。

学科の教育

このような情報システムを実現する知識や技術を身に着けるために、以下のような教育目標の下でカリキュラムを構成しています。

  • 計算機科学と情報処理技術の基礎を幅広く学んで、さまざまな情報システムを開発する能力を身につける。(該当科目)プログラミング、データ構造とアルゴリズム、プログラム設計、オブジェクト指向プログラミング・演習、計算機システム、論理数学、オートマトンと言語理論、論理回路、計算機ネットワークなど。
  • 知的情報処理に関する技術を幅広く学んで、人と計算機が協調する新しい知的情報処理のメカニズムを開発する。(該当科目)人工知能基礎、人工知能プログラミング・演習、知能システム設計論、論理と証明、推論と学習、知識ベース、パターン理解、言語データ工学、コンピュータ・ビジョン、コンピュータ・グラフィックスなど。
  • 数学および自然科学の基礎を幅広く身につける。(該当科目)線形代数、解析、離散数学、確率・統計、応用解析、微分方程式、基礎物理学、現代物理学など。

主な授業科目
論理数学A
命題論理と一階述語論理の初歩、つまり論理式の意味について学習します。ハードウェア、ソフトウェア、どちらにも不可欠な基礎数学です。
人工知能基礎A
知識工学の方法論を理解し、人工知能研究に関する理解と展望を深めるための基礎を学習します。
オブジェクト指向プログラミング・演習
初級・中級レベルのプログラミングにつづき、大規模で複雑なソフトウェアを構築するための考え方と、実際の例を学びます。
人工知能プログラミング
論理プログラミングの考え方に基づいた言語Prologを学びます。コンピュータが行う推論の原理やデータベース問い合わせ言語の考え方の理解に役立ちます。
コンピュータグラフィックスA
コンピュータグラフィックスの基本と要素技術について学びます。さらに、他のメディアとの統合や画像処理との関連についても学びます。
ソフトウェア工学A
企業などの実務を扱うソフトウェア・システムの開発に必要な、システムエンジニアの基礎知識を学びます。
知能情報工学基礎演習II
各研究室から提案されるユニークなテーマから、興味があるものを選び取り組みます。教員は学びのアドバイザーの立場です。
学科の研究

以下の三つのグループ「講座」を構成することにより、情報技術に関する高度な研究を進めています。

  • 知能数理学講座:(目的)論理的思考に基づく人間の知的活動の仕組みを解明してコンピュータで実現し、新たな問題解決の方法を確立する。(研究内容)論理の自動処理、データの圧縮・検索・マイニング、さまざまな効率的アルゴリズムの開発、車やロボットなどの滑らかな動作の実現など。
  • 知能情報アーキテクチャ講座:(目的)新世代の情報処理システムを実現するのに必要なハードウェアとソフトウェアの構築手法を確立する。(研究内容)並列分散環境、次世代インタフェイス、ソフトウェアの新しい構築技法、最先端のソフトウェア・システムの構築など。
  • 知能情報メディア講座:(目的)人の言葉を理解したり視覚で自動的に判断するなど、コンピュータが人に近い存在であるために必要な技術を確立する。(研究内容)人工知能による学習支援、コンピュータ・グラフィックス、画像認識、自然言語からの情報の抽出や分類、人間の感性に基づく情報処理など。

>> 研究者紹介

研究例:あなたがあなたであることを保証する「人を見分ける技術」が安全な社会を創ります。
江島 俊朗 教授

近年、「コンピューターが人を見分ける技術」が関心を呼んでいます。それは、カメラで捉えた対象者の映像の中にその人の特徴を見つけ出し、その特徴を基に相手が誰かを見分ける技術です。
 コンピュータが人を見分けることができれば、年齢や性別に沿った様々なサービスの提供が可能になります。例えば、会場を案内するロボットに人を見分けるカメラを搭載すれば、対象が老人ならより親切に、若者ならより簡潔に、とポイントを押さえた対応ができます。それだけではありません。例えば、偽装したパスポートで入国を試みようとする不正入国者を、入国検査の時点で発見することもできるのです。
 最近では、他人になりすまして多大な損害を与える不正メールを発信したり、暗証番号を盗み見て他人の口座から勝手にお金を引き出したりするなど、「なりすまし」による事件が後を絶たず、社会問題となっています。このような問題を解決する手段として、本人であることを確実に保証する技術に大きな期待が寄せられてきています。その一つがバイオメトリックスという技術です。本人かどうかを認証する仕組みがあれば、悪質な「なりすまし」を未然に防ぐことができます。
 このように、バイオメトリックスをはじめ「人を見分ける」という技術は、きめ細やかなサービスの提供や安心・安全の確保という、豊かな社会を構築するための有用な技術なのです。

取得可能な資格
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免教状(情報)
学科の卒業要件の単位に加えて、教育職員免許法に定める所定の科目(すべて本学内で開講)の単位を修得すれば、免許状を取得できます。
技術士・技術士補(技術士法)
卒業時に修習技術者となり、技術士補の申請が可能になります。また、技術士の一次試験が免除されます。
>> JABEE(日本技術者教育認定機構)へ
1級技術検定(建設業法)
受験資格の実務経験年数が短縮されます。
2級技術検定(建設業法)
受験資格の実務経験年数が短縮されます。
在学中の取得が容易になる資格・認定例
TOEIC((財)国際ビジネスコミュニケーション協会)
英語教育カリキュラムの中で受験します。
情報処理技術者試験 基本情報技術者/ソフトウェア開発技術者/初級システムアドミニストレータ((独)情報処理推進機構)、CGエンジニア検定 等(CG-ARTS協会)
学科の情報教育を通して、対応可能です。
知能情報工学科

>> 案内ムービーへ
>> 知能情報工学科へ
>> 知能情報工学科ムービーへ

映像をご覧いただくためにはプラグインが必要になります。 

先輩からのメッセージ

大学で見つけて描いた将来の夢。
中原 昌哉 [第二高校(熊本県)出身]

子どもの頃にテレビゲームと出会い、その画面上の表現に感動した僕は、いつか自分もみんなを楽しませるゲームを作りたいと思うようになりました。目指したのはゲームプログラマー。高校の担任の先生は、真っ先に九工大を紹介してくれました。
 知能情報工学科では、人工知能の基礎やプログラミングを学び、現在は修士への進学を見据えながら、大規模データの圧縮と高速化について研究しています。
 そして今の僕は、ゲームプログラマーではない、別の夢を描いています。IT系ベンチャー企業で、アルバイトとしてソフトウェア開発のお手伝いをするうちに、システムの企画や設計に携わりたいと思うようになったのです。経験を積み、見聞を広め、将来はSI(システム・インテグレーション)系の大きな仕事をしたいと思っています。
 皆さん、受験勉強は苦しいけれど、将来後悔しないよう、今は楽な道を選ばずに頑張ってください。