HOME > システム創成情報工学科 > 「システム創成情報工学科」の学習・教育目標
(A) 高度情報技術者としての基盤を確立するため、ハードウェアからソフトウェアまでの情報工学の基礎技術を習得し、コンピュータを用いた問題解決能力を身につける。
(B) コンピュータ応用とシステム理論を学び、時代の要請に呼応した新たな情報システムを創造し、開発を行うための基礎能力を身に付ける。
(C) 自然科学・情報技術・システム理論をバランスよく学び、狭い領域にとらわれない幅広い視点から物事を考える能力を養う。
(D) 自主的に学習する能力を身に付けるとともに、問題解決技術を学ぶだけでなく、解決すべき問題を発見する課題探求能力、問題を認識・整理する能力および解決された結果を表現する能力を養う。
(E) 自立し社会から認められ活躍できる技術者となるために、技術者倫理に立脚したエンジニアセンスを養う。
(F) 文化や社会に対する理解力と洞察力を養うとともに、国内外で通用するコミュニケーション能力を身に付ける。