HOME > 学科紹介 > 情報・通信工学科

情報・通信工学科

コンピュータと通信を駆使した次世代スマート社会の実現。

学科の特徴

産業や生活を含めて、人や物が情報を介して相互に連携し強調するための高度なICT(情報通信技術)の利活用は、現代社会では必要不可欠。そのような「次世代スマート社会の実現」を支えるために、情報・通信工学科では、ハードウェアとソフトウェアのコンピュータ技術と情報通信技術を身につけた人材の育成を目指します。
そのために情報・通信工学科では、セキュリティやクラウド、組込みシステム技術を基にさまざまな情報システムを開発する「ソフトウェアデザイン」、コンピュータやモバイルネットワークでの有線・無線技術や通信・ネットワーク技術を身につける「情報通信ネットワーク」、コンピュータの心臓部をなすLSI(大規模集積回路)の設計・開発やこれらを活用したシステムを設計・開発する「コンピュータ工学」という3つのコースを設けています。
コンピュータと通信を深く理解することで、卒業後は、大学院に進学するほか、情報システムを設計・開発・運用する総合的な能力を身につけた、ICT社会の主導する専門技術者としての活躍が期待されます。

コース紹介

ソフトウェアデザインコース

セキュリティやクラウド、組み込みシステム技術を基に情報システムの開発

さまざまな業務分野のエンタープライズ系情報システムや、それらを支える基幹システム、あるいは組込みシステムなどのハードウェアと直接関わるソフトウェアの開発において、プロジェクトの中核となるソフトウエア技術者を養成。将来は、情報系企業における情報システム開発や、電子機器、自動車などの製造業における組込み機器開発といった分野での活躍が期待されます。

キーワード
オペレーティングシステム、システムアーキテクチャ、ソフトウェア工学、組込みソフトウェア、プロジェクトマネジメント、要求工学、システム構築技術、ソフトウェアプロセス、情報セキュリティ
養成する技術者像
ハードウェアも含めた幅広い情報工学に関する専門性を有するソフトウェア技術者
教員の研究内容

梅田 政信 教授 医療や設計、生産、物流等の様々な分野の専門家の知識をモデル化する手法と、その結果を活用した知識ベースシステムに関する研究
久代 紀之 教授 センサ情報に基づき環境を制御するCyber Physical Systemの研究を行う。
特に、高信頼システム開発手法、知的センサ・コントローラ技術の開発を行う。
八杉 昌宏 教授 多様化・並列化が進む計算基盤を効率よく簡単・安全に利用するための新しいプログラミング言語とその実現方法や並列処理の研究
吉田 隆一 教授 大規模な情報システムで発生する実行環境の変化に自律的に対処する適応的分散オブジェクト指向計算環境の実現
江本 健斗 准教授 大規模データ、分散・並列計算、定理証明支援系をキーワードに、プログラミングとプログラミング言語に関する理論から応用までを研究
片峯 恵一 准教授 ソフトウェアや知識のモデリング技術を中心とした情報システムの構築法に関する研究
光来 健一 准教授 クラウドにおいて広く利用されている仮想的なコンピュータ(ヴァーチャルマシン)やクラウドのセキュリティに関する研究

情報通信ネットワークコース

コンピュータやモバイルネットワークでの有線・無線技術や通信・ネットワーク技術

人の意図を理解し、知的活動を支え、人と対話する情報処理システムを開発できる高度情報処理技術者を養成します。基礎となる問題解決・探索・知識表現・プランニング・推論・自然言語処理などの知識や学習・論理プログラムなどの技術を身につけます。将来、知的処理や人工知能に強みを持つエンジニアとして、コンピュータメーカーやソフトウエア産業などでの活躍が期待されます。

キーワード
計算機ネットワーク、モバイルネットワーク、無線通信システム、インターネット、ネットワークアーキテクチャ、ネットワーク管理、分散システム
養成する技術者像
情報・通信機器や通信システムを含む情報し捨て鵜を設計・開発・運用できる技術者
教員の研究内容
尾知 博 教授 デジタル無線通信システム、デジタルオーディオ、画像処理システムに関する研究
ケッペン マリオ 教授 人間中心コンピューティング技術(パターン処理、計算論的セキュリティ、生体認証、主観評価、公共性最適化、データ視覚化)、ソフトコンピューティング技術(ファジィ情報融合、メタヒューリスティクス、群知能、ニューラルネットワーク、進化的計算理論)、通信ネットワークデザイン技術(オポチュニスティックネットワーク、アドホックネットワーク)に関する研究を行っている。
鶴 正人 教授 インターネット等の大規模情報ネットワークにおいて、品質管理のために通信を計測・推定、解析、制御する技術
大西 圭 准教授 生物に着想を得た最適化アルゴリズム、及びそれを利用する適応システムに関する研究
川原 憲治 准教授 通信トラヒック理論を適用したネットワークプロトコルの性能解析、ネットワーク機器の省電力化、センサネットワークシステム
黒崎 正行 准教授 無線画像伝送システム及びAIを用いた画像認識に関する研究
田上 真 准教授 色んな空間の中の良い有限点配置の数学的研究
塚本 和也 准教授 多種多様なアクセス(コグニティブ、モバイル、センサ、電力線)ネットワークにおいて快適な通信を実現する技術の研究開発
柴田 将拡 助教 自律分散システムの効率的な管理を実現する
モバイルエージェントの移動制御アルゴリズムに関する研究
ラナンテ レオナルド ジュニア 助教 効率的なワイヤレスコミュニケーションと次世代ワイヤレスLANに関する研究

コンピュータ工学コース

コンピュータの心臓部をなすLSIやこれらを活用したシステムの設計・開発

コンピュータの動作原理を深く理解した上で、心臓部をなすLSIの設計・開発を学び、さらにそれらを応用した組込み機器やコンピュータシステムの設計・開発、コンピュータを利用した効率的な問題解決手段の開発などにも取り組みます。製造業全般、情報・通信業におい、半導体・電子回路・情報システム・組込みシステムなどの設計開発の即戦力となる技術者を育成します。

キーワード
コンピュータシステム、LSI設計、組込みシステム、コンピュータアーキテクチャ、アルゴリズム、並列・分散システム、ディジタル信号処理
養成する技術者像
LSIの設計・開発、組込み機器やコンピュータシステムを設計・開発できる技術者
教員の研究内容
温 暁青 教授 高度情報化社会と次世代産業を支える半導体集積回路(LSI)の高品質化・高信頼化・高生産効率化に貢献する先端LSIテスト技術の研究開発
梶原 誠司 教授 デジタルシステムの高信頼化を目的に、LSIの設計・テスト・診断手法に関する研究
藤原 暁宏 教授 並列分散処理及びナチュラルコンピューティングに関するアルゴリズムの研究
小西 直樹 准教授 レーザーを用いた生体情報計測の研究、生体情報をPCに表示させるハードウェアとソフトウェアの開発
宮瀬 紘平 准教授 LSIの消費電力増加に起因する故障のテスト手法と、野球などのスポーツ技術向上を目的とした動作解析システム開発に関する研究開発
シュテファン ホルスト 助教 GPU-accelerated high-precision VLSI simulation algorithms for on-chip power, timing and reliability analysis. Power-safe scan testing and location-based logic diagnosis algorithms for VLSI. Rapid prototyping of ideas, methods, and smart connected devices.
李 旻哲 助教 多視点画像を用いた3D情報復元技術及び遮蔽物除去技術の研究
非破壊3次元マイクロスコピー技術の研究