HOME > 学科紹介 > 知的システム工学科

知的システム工学科

人と未来を繋ぐ知的システム。

学科の特徴

社会の抱えているさまざまな問題に対して、人と未来を繋ぐ新しいシステムの実現を目指す知的システム工学科。情報工学とロボット技術、システム制御技術、機械工学をそれぞれ融合した、知的システムを構築できる人材の育成を目指しています。
そのために知的システム工学科では、高度なロボットの応用技術とICT基盤技術を統合・包括する「ロボティクス」、高い性能と品質が求められる分野におけるシステム制御を理論から応用まで学ぶ「システム制御」、マイクロ/ナノ技術や3Dデザインを基盤とする高度な機械・情報工学の基礎から応用まで学ぶ「先進機械」の3コースを設けています。そして、情報・画像・制御・機械技術の融合によって構築されるロボット・インテリジェントカー、医療用マイクロマシンや超精密マイクロ加工・計測・3Dプリンティングなど、先進的なシステムの設計・開発を学びます。
卒業後は、情報工学の知識を生かした、自動車、重工業、鉄鋼などの機械系、家電、半導体、光学機器などの電機系、情報インフラ、生産情報システム、デジタル・エンジニアリングなどの情報系などの幅広い分野で、新たな知的システムを創出できる技術者としての活躍が期待されます。

コース紹介

ロボティクスコース

高度なロボットの応用技術とICT基盤技術の統合・包括

ロボティクスの基礎から応用まで総合的に学び、それぞれをICT基盤技術と統合・包括する能力を養い、生活の質、労務代替を担うサービス・ソーシャルロボット、フィールドロボットの分野でロボティクス技術を活用できる人材を育成します。将来は、幅広い産業分野、社会システム全般における高性能なロボティクスシステムの研究・開発を行える人材として活躍が期待されます。

キーワード
知的ロボティクス、計測・制御、画像処理、知的情報処理、ロボット運動学、ダイナミクス、ICT
養成する技術者像
高度なロボティクスの応用技術とICT基盤技術を統合・包括できる技術者

研究室紹介

榎田 修一 研究室

画像認識技術で知的モビリティの実現に貢献
  ~ソーシャルメディアで事故状況を共有~

私たちの研究室では、知的モビリティの開発を目標にしています。今、私たちが住む社会では、自動車などにより、遠くへ速く、安全で快適に移動できるようになりました。しかし、交通事故は、いまだゼロにはなっていません。そこで、私たちの研究室では、まずは、車載カメラやレーザレーダで自車周辺や運転手を認識して、運転手の視線を観測し、歩行者や道路標識の検出などを自動で行う情報処理システムを開発しました。現在は、運転手が見落としていそうな歩行者や道路標識をシステムが自動で判断し、運転手へと危険を示すことで、より一層安全に運転できるよう支援する、知的な自動車の実現に取り組んでいます。さらに、事故が発生しそうな状況に出会うと、「いつ、どこで、どの様な危険が発生した」と自動で収集・分析し、安全運転に役立つ貴重な情報として、例えば「この道路は小学生の飛び出しが多いので徐行運転を心掛けて!」などを他の自動車に広く提供するシステムの開発を進めています。

教員の研究内容

榎田 修一 教授 知的モビリティ実現のための認識技術。
カメラ、全天球カメラ、LiDARを利用した歩行者、車両検出等。


林 英治 教授 人とロボティクス・メカトロニクスに関わる自律化システム、音楽支援システム、感覚モダリティシステム、フィールドロボット、コミュニケーションロボット

 
大竹 博 准教授 飛行ロボット、生体信号によるロボット操作、知的制御
大橋 健 准教授 自律型ロボットを対象とした研究、ヒューマンインターフェース
小林 啓吾 准教授 ZMPに着目した2足歩行ロボットの研究
小林 順 准教授 ロボットシステムの開発、生体信号に基づいた想像・感情認識、運動トレーニングの支援システム
齊藤 剛史 准教授 読唇を中心とする画像処理、パターン認識に関する研究
田中 和明 准教授 移動ロボット、バーチャルリアリティ、センサ、医療支援、データベース

カリキュラム

学びの分類 2年 3年 4年
必修 確率・統計
微分方程式
プログラム設計
ネットワーク通信基礎
知的システム工学実験演習Ⅰ
電気回路Ⅰ
ロボティクス基礎
知的システム工学実験演習Ⅱ
ダイナミクス
組込みシステム
画像工学Ⅰ
情報技術者倫理
知的システム工学実験演習Ⅲ
古典制御論
ロボティクス応用
マイクロシステム
画像工学Ⅱ
知的システム工学実験演習Ⅳ
パターン解析
ロボット運動解析
コントロール
卒業研究
選択必修 応用数学
信号処理
数値計算
現代制御論
流体システム
システム制御コンピューティング
システム計測
システム生産加工学
シスエム最適論
選択 化学Ⅱ
生物学Ⅱ
知的財産概論
キャリア形成概論
熱力学
構造システムの基礎Ⅰ
構造システムの基礎Ⅱ
情報関連法規
情報職業論
産業組織論
情報産業職業論
応力解析の基礎
デザイン基礎
流動システム
現代物理基礎
サーモダイナミクス
機械システム演習
システム同定
計算力学の基礎
計算熱流体工学
計算力学・演習
メカトロ材料学
メカノシステム

システム制御コース

高い性能と品質が求められる分野におけるシステム制御の理論から応用

制御工学と情報工学の知識と技術を身に着け、高度情報化社会を支えるシステム設計・開発に寄与し、ものづくりの即戦力となる技術者を養成します。将来は、ロボット、メカトロニクス、自動車、電機・電力、生物システム、輸送システム、医療・福祉、エネルギー、環境などの分野で、特に高い性能と品質を求められるシステムの制御を担う技術者として、活躍の場が広がっています。

キーワード
制御工学、計測工学、信号処理、モデリング、システム同定、ダイナミクス設計、システム最適論
養成する技術者像
さまざまな分野でシステム制御の技術を利活用できる技術者

研究室紹介

古賀 雅伸 研究室

安全・安心・効率的な社会づくりを支える、制御系開発のコンピュータによる総合的支援

自動車の自動運転制御、超高層ビルの制振制御、スマート社会におけるエネルギー制御、いずれも対象とする物またはシステムを自分の思うようにコントロールする(操る)ことを目指しています。制御する対象は様々ですが、望み通りの制御を実現するシステムを開発するプロセス(手順)は、ほぼ一貫していて、制御対象の特性を的確に表わすモデル(表現)を得るモデリング、制御対象の特性を調べる解析、仕様(求められる性能)を満たすコントローラの設計、性能を評価するシミュレーション、ハードウェアによる実装という作業が繰り返されます。近年、制御対象が複雑化し、システムへの要求が高度化する中で、環境問題や防災等に迅速に対応するため開発期間の短縮が求められています。最新のコンピュータやスマート端末等のハードウェア、先進的なソフトウェア開発手法、そして制御理論や数学を組み合わせることで、高度な制御システムの開発プロセスを効率化できます。

教員の研究内容

伊藤 博 教授 非線形制御、ハードディスク制御、通信ネットワーク制御、マルチレート制御
瀬部 昇 教授 不確かさに頑健な制御系の設計、耐故障性を有する制御系の設計、最適化理論の制御理論への応用
古賀 雅伸 教授 制御系CAD、数値計算に基づく設計理論、科学技術計算基盤の開発
延山 英沢 教授 制御理論とその応用、自動車の走行性能に関連した制御システムの開発
中茎 隆 准教授 制御工学と生物学を融合し、細胞の制御メカニズムの解明を目指す

カリキュラム

学びの分類 2年 3年 4年
必修 確率・統計
微分方程式
プログラム設計
ネットワーク通信基礎
知的システム工学実験演習Ⅰ
システム制御基礎
知的システム工学実験演習Ⅱ
ダイナミクス
組込みシステム
画像工学Ⅰ
現代制御論
情報技術者倫理
知的システム工学実験演習Ⅲ
古典制御論
システム制御応用
システム制御コンピューティング
マイクロシステム
知的システム工学実験演習Ⅳ
卒業研究
選択必修 電気回路Ⅰ
応用数学
信号処理
数値計算
流体システム
画像工学Ⅱ
パターン解析
システム計測
システム生産加工学
ロボット運動解析学
シスエム最適論
コントロール
選択 化学Ⅱ
生物学Ⅱ
知的財産概論
キャリア形成概論
熱力学
構造システムの基礎Ⅰ
構造システムの基礎Ⅱ
情報関連法規
情報職業論
産業組織論
情報産業職業論
応力解析の基礎
デザイン基礎
流動システム
現代物理基礎
サーモダイナミクス
機械システム演習
システム同定
計算力学の基礎
計算熱流体工学
計算力学・演習
メカトロ材料学
メカノシステム

先進機械コース

マイクロ/ナノ技術や3Dデザインを基盤とする機会・情報工学の基礎から応用

情報工学と機械工学をそれぞれ融合した次世代の先進機械システムを設計・構築できる技術者を育成します。将来は、機械工学の知識が求められる自動車、重工業、鉄鋼、家電、半導体、光学機器、エネルギー、環境などの分野や情報工学の知識が求められる情報インフラ、生産情報システム、デジタル・エンジニアリングなどの分野で、機械と情報を融合した次世代の知的システムの研究・開発を担う技術者として、活躍の場が開かれています。

キーワード
計算力学、CAE、マイクロ・ナノ加工、加工計測、CAD/CAM、生産システム、精密工学、MEMS、産業ロボティクス、組込みソフトウェア、機械電子制御、機械情報、3Dデザイン、組込みシステム
養成する技術者像
情報と機械を融合した先進的な機器を開発し情報と社会をつなぐことのできる技術者

研究室紹介

石原 雅伸 研究室

コンピュータシミュレーション
   ~新しい機械システムのデザインツール

新しい機械システムをデザインするとき、実験ではコストがかかりすぎたり、内部の様子を観察することが難しかったり、そもそも実験することさえ難しい場合があります。そんなとき、コンピュータの中で、物理法則に従いつつも、現象をデジタル化して再現するシミュレーションは、比較的コストが安く、現象の内部を自由に観察でき、実験の難しさを補うことができます。我々の研究室では、髪の毛の断面ほどのマイクロマシンや小さな虫の飛行から、宇宙ステーションのような超大規模構造まで、いろいろな機械システムのシミュレーションに取り組んでいます。これらは、サイズが小さすぎたり、大きすぎたりすることに加え、物体の変形、流れ、電磁気や熱などが互いに強く影響しあう連成現象が起きているので、実験することがとても難しいです。このように機械システムが進化すればするほど、コンピュータシミュレーションは、そのデザインツールとして、ますます役立つと考えられます。

教員の研究内容

伊藤 高廣 教授 マイクロメカニズム(微小な機械)、医療用MEMS、ロボットスケジューリング
鈴木 恵友 教授 ナノ微細加工、ナノ3次元構造形成、環境・エネルギーMEMS

永山 勝也 教授 生体・産業分野の3D数値解析―毛細血管と健康、皮膚と毛根、癌の増殖、自動車、LIC(電池)
楢原 弘之 教授 付加製造科学(基礎現象解明、3Dプリンター開発)、情報駆動生産システム(設計・解析・金型・非接触計測)、感性工学・品質工学に基づくものづくり
是澤 宏之 准教授
渕脇 正樹 教授 PIV計測,数値シミュレーション(流体構造連成,VOF)による複雑流動解析,蝶の飛翔メカニズム解明,導電性高分子による人工筋肉の開発

 
堀江 知義 教授 ハイパフォーマンス・コンピューティング、並列有限要素法、連成解析と人工物設計への応用
石原 大輔 准教授
二保 知也 准教授
カチョーンルンルアン・
パナート 准教授
ナノスケールにおける実時間3D観測,光応用精密計測,半導体基板のポリシング現象解析
4D-Observation in Nanoscale, Optical Precision Metrology, Study on Phenomena in Substrate Polishing.
林 朗弘 准教授 自律分散システム、知能ロボット、モジュラーロボット、メカの運動解析、分散オブジェクト、生産システム
畠中 清史 講師 設計工学、機械機能要素、トライボロジー、数値解析
村上 直 助教 マイクロデバイス・MEMS (microelectromechanical systems)、微細加工技術、マイクロメカニズム

カリキュラム

学びの分類 2年 3年 4年
必修 確率・統計
微分方程式
プログラム設計
ネットワーク通信基礎
知的システム工学実験演習Ⅰ
機械システム基礎
構造システムの基礎Ⅰ
知的システム工学実験演習Ⅱ
ダイナミクス
構造システムの基礎Ⅱ
組込みシステム
画像工学Ⅰ
情報技術者倫理
知的システム工学実験演習Ⅲ
古典制御論
流体システム
デザイン基礎
マイクロシステム
システムデザイン実践演習
知的システム工学実験演習Ⅳ
システム生産加工学
卒業研究
選択必修 熱力学
応用数学
数値計算
応力解析の基礎
流動システム
サーモダイナミクス
機械システム演習
システム計測
計算力学・演習
メカトロ材料学
メカノシステム
選択 化学Ⅱ
生物学Ⅱ
知的財産概論
キャリア形成概論
電気回路Ⅰ
信号処理
現代制御論
情報関連法規
情報職業論
産業組織論
情報産業職業論
システム制御コンピューティング
画像工学Ⅱ
現代物理基礎
パターン解析
システム同定
計算力学の基礎
計算熱流体工学
ロボット運動解析学
システム最適論
コントロール

就職について

主な就職先
トヨタ自動車
本田技研工業
日産自動車
日立製作所
パナソニック
富士通
三菱電機
三菱重工業
アイシン精機
キヤノン
マツダ
スズキ
三菱自動車工業
九州電力
NTTデータ
川崎重工業
京セラ
凸版印刷
村田製作所
セイコーエプソン
富士電機
日立建機
荏原製作所
安川電機
タカラスタンダード
アイシン・エィ・ダブリュ
三菱電機エンジニアリング
オービック
日立ソリューションズ西日本
富士フィルムソフトウェア

卒業生紹介

森代 健史郎 さん トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社 駆動HVユニット生技部
情報工学研究科 博士前期課程 情報システム専攻 修了
ハイブリッドの歴史はまだまだ浅い。
だからこそ、この分野を突き詰めたい。
初代プリウスは採算度外視で世に出されたということを知った時、トヨタの環境に対する強い危機感が伝わってきました。それならばハイブリッド車のコスト削減に取り組むことで、私も社会に貢献できるのではと感じ、入社に至りました。日本からの輸入によるコスト増のため、海外ではハイブリッド車がそれほど普及していないのが実情です。そこで私は、シンプルかつ作りやすいモーターの構造を開発するとともに、最終的には現地でハイブリッドの主要ユニットの生産工場を立ちあげるプロジェクトリーダーを夢見ながら日々の業務に邁進しています。


梶原 友美 さん ホンダエンジニアリング株式会社

ホンダエンジニアリング株式会社 金型生産部
情報工学府 博士前期課程 情報創成工学専攻 修了
自分が設計した金型で製品が形になる。
将来は海外にも挑戦したい。
「自動車」と「ものづくり」、どちらにも興味があった上に、大学で生産技術の面白さを知り、この分野で仕事がしたいと思いました。現在は主に、自動車のバンパーのような樹脂部品を作る金型を設計しています。自分が設計した金型によって、製品が世の中に作り出されていくことに魅力を感じています。今後、自動車のデザインが複雑化する中、常に対応できるように新しい金型技術を考えていきたいです。将来は、海外にも挑戦し、自分の視野を広げていくとともに、周りの人から頼られる一人前の技術者になりたいと思っています。


青栁 貴彦 さん アイシン精機株式会社

アイシン精機株式会社 CAE技術部
情報工学府 博士前期課程 情報科学専攻 修了
身近な車を通じて人々の暮らしに貢献。
世界を股にかけるエンジニアを目指す
現在、自動車のエンジンにオイルを潤滑させるシステムの制御ロジックの開発に従事しています。小さい頃から車が好きだった上、生活に車が欠かせない環境で育ったこともあり、身近な車を通じて社会に貢献したいと思っていました。難しい課題を乗り越えて作った製品・技術が、多くのお客様の暮らしに役立つと思うと、大きなやりがいを感じます。将来は、世界を股にかけるエンジニアになって、自分が開発したものを世界中の人々に使ってもらいたい。そのためには、もっと幅広い工学知識、英語でのプレゼンテーション力なども身につけていきたいですね。