HOME > 学科紹介 > 物理情報工学科

物理情報工学科

物理と情報の力で、世界を解き明かし、イノベーションを創出しよう。

学科の特徴

物理情報工学科では、自然界の普遍的な法則を探求する物理学と、生命の普遍的な法則を探求する生物学、そこに情報・システム技術としての情報工学を融合した教育と研究を通して、さまざまな分野での技術革新(イノベーション)につなげる融合領域研究を切り拓くことができる技術の育成に力を入れています。
そのために物理情報工学科では、物理学、エレクトロニクス、情報工学を駆使し、電子材料、光工学、流体工学を中心とした情報化社会で必要とされる新たな技術を生み出す「電子物理工学」と、物理学、生物学、情報工学を駆使し、新素材・材料、計測システム、生命科学を中心とした学際領域の新たな技術を生み出す「生物物理工学」の2コースを設けています。
卒業生は、大学院に進学するほか、情報産業をはじめ、総合電機、エネルギー・環境、自動車、精密機器、ナノテクノロジー、材料・素材、音響、医歯薬、食品、化粧品などの幅広い分野のメーカーで活躍する技術者として期待されています。

コース紹介

電子物理工学コース

電子材料、光工学、流体工学を中心とした情報化社会で必要とされる新たな技術

超伝導や半導体などのエレクトロニクス材料、光・レーザーシステム、電磁流体力学などの研究分野を中心に、物理・電子物理工学と情報工学を利活用して、新技術を生み出す技術者を養成するための教育と研究を行います。そのために、物理学、電子物理工学、ナノテクノロジー、計測技術および情報工学分野の知識と技術を多岐にわたって学びます。将来、主にエレクトロニクス、エネルギー・環境、光、電機、鉄鋼、電子・情報システムなどの多種多様な分野で物理・電子物理工学を情報工学分野に応用して、革新的な研究や開発を行える技術者を育成します。

キーワード
物理工学、電子物性、光物性、超伝導、エレクトロニクス、ナノテクノロジー、電磁流体力学、計測
養成する技術者像
物性・物理学を情報工学分野に利活用し新技術を生み出すことができる技術者
教員の研究内容
小田部 荘司 教授 超伝導体を産業に応用するための研究、超伝導体の臨界電流密度の測定方法
岡本 卓 教授 光散乱現象の解明、およびランダムレーザーや皮膚光学など、その応用に関する研究
高橋 公也 教授 非線形現象の解析―木管楽器の発音機構の解析、流体音の解析、量子カオス(カオス的トンネル効果の解析)
寺井 慶和 教授 シリコン系新規半導体のエピタキシャル成長と光学特性に関する研究
情報工学を駆使した電子材料開発手法の探索
許 宗焄 教授 散逸系・パターン形成の物理現象、ノイズのプラス的効果と応用、液晶の基礎及び応用
前田 佳均 教授 持続可能な光エレクトロニクスを目指したあたらしい半導体と関連物質の研究
安田 敬 教授 酸化物半導体のナノ構造と電子的・光学的物性の制御、および太陽電池や表示素子等の電子デバイスへの応用
河野 晴彦 准教授 磁場核融合におけるプラズマシミュレーション、電磁流体および移動界面を含む流体の数値解析、ミクロ・マクロ連成解析
木内 勝 准教授 超電導体の電気抵抗なしに流せる電流密度の決定機構解明と、その応用に関する研究
高林 正典 准教授 光学システム、ホログラフィ、定量位相イメージングとその応用に関する研究
永松 秀一 准教授 有機半導体・導電性高分子の分子構造と電子物性の相関の解明とそのための分子配向制御技術の開発
福間 康裕 准教授 情報工学の発展を支える論理演算やメモリ技術、および新しい物理現象を利用した電子デバイスに関する研究
清水 文雄 助教 固気液混相流の流動解析、音響騒音の伝播解析、熱交換器および油圧機器の高性能化に関する研究

生物物理工学コース

新素材・材料、計測システム、生命科学を中心とした学際領域の新たな技術

金属などの硬い物質(ハードマター)とは対照的に、生体分子(タンパク質、DNA)・高分子・液晶・生体膜などの柔らかい物質(ソフトマター)や、それらで構成される生物・生命現象について、物理学と情報工学の観点から教育と研究を行います。そのために、生物学、物理学、計測・可視化技術、数理モデルを基にしたシステムデザインにつながる知識と技術を学びます。将来、新素材・材料、医歯薬、化粧品、食品、環境、計測技術、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、生命科学などの多種多様な分野で、生物・物理・情報工学を融合した学際領域の研究や開発を行える技術者を育成します。

キーワード
生物物理、ソフトマター、計測、定量生物学、物理工学、数理工学、可視化技術、グラフィックス、シミュレーション
養成する技術者像
生物・物理・情報工学の友好を通して新時代のイノベーションを興すことができる技術者
教員の研究内容
松山 明彦 教授 ソフトマター、および生物関連・液晶に関する理論やシミュレーションによる研究
安永 卓生 教授 電子顕微鏡による生命のナノ構造と生命機能発現の仕組みの解明とそのための顕微技術・画像処理技術等の開発
入佐 正幸 准教授 溶液理論を用いた蛋白質と水が織り成す生命現象の研究
小守 良雄 准教授 確率ルンゲ・クッタ法の研究、および、寿命予測モデルの研究
大澤 智興 助教
森本 雄祐 助教 蛍光ライブセルイメージング技術を利用した定量解析による生命機能の研究