HOME > 学科紹介 > 生命化学情報工学科

生命化学情報工学科

生命はすぐれた情報システム

学科の特徴

生命の持つ働きをヒトの生活に役立たせるバイオテクノロジー。生命化学情報工学科では、医療、製薬、飲食品、化学、環境、バイオ素材など幅広いバイオ分野に、情報工学の知識と技術を融合させることで、ヒトに関わる新たな産業分野を構築できる人材の育成を目指します。
時代が求める情報工学と時代を切り拓く生物工学・生命科学を学ぶことで、それらを関連付けた新時代の技術の創出が可能となります。そのために生命化学情報工学科では、化学分野を含むバイオ分野への工業的応用としての情報システム・実験システムを構築することを目指した「分子生命工学」、生命科学と医療分野への応用としての情報システム・医療システムを構築することを目指した「医用生命工学」の2コースを設けています。
卒業後は、これからの「健康長寿社会」の基盤を支えると共に、新産業を生み出す技術者として、バイオ分野の企業や研究機関においての活躍が期待されます。

コース紹介

分子生命工学コース

化学分野を含むバイオ分野への工業的応用としての情報・実験システムの構築

人体・脳・臓器から細胞・生体高分子まで対象とする生物学やバイオテクノロジー、情報システム構築の知識・技術を学び、バイオ分野への工学的応用を指向し、情報システムや実験システムを構築できる人材を育成します。将来、ライフサイエンス・医歯薬・食品・化学・環境分野のメーカー、分析・計測器メーカーで、研究・開発システムをデザインする技術者として活躍が期待されます。

キーワード
生命・生物工学、化学、生化学、分子生物学、酵素工学、遺伝子工学、ケモインフォマティクス、生体計測、ケミカルバイオロジー
養成する技術者像
化学分野を含むバイオ分野への工学的応用を指向しシステムを構築できる技術者
教員の研究内容
坂本 順司 教授 微生物のエネルギー代謝、膜タンパク質の生物化学、分子レベルの生物多様性
坂本 寛 教授 酵素の構造・反応機構・相互作用の解明と新規蛋白質の開発
末田 慎二 教授 生体分子を対象とした分析技術の開発
大内 将吉 准教授 マイクロ波促進化学を活用したグリーンイノベーション
北田 栄 准教授 医療・環境分野への貢献に向けた微生物情報の解析と有効利用
花田 耕介 准教授 植物での様々な網羅的なデータを利用したゲノム解析
前田 衣織 准教授 弾性タンパク質・エラスチンの構造解析と医用材料の開発
小松 英幸 助教 生体反応と生体分子間相互作用のエネルギー論
平 順一 助教 疾患関連タンパク質の翻訳後修飾に関する研究

医用生命工学コース

生命科学と医療分野への応用としての情報・医療システムの構築

バイオインフォマティクス、ゲノム科学、システム生物学、医用システムに関する知識や実験技術、情報処理技術を学び、生命科学・医療への応用を指向したシステムを構築し、新産業を生み出す能力を

キーワード
医用工学、創薬、バイオインフォマティクス、システム生物学、ゲノム科学、生物統計
養成する技術者像
生命科学と医療への応用を指向した情報システム・医用システムを構築できる技術者
教員の研究内容
青木 俊介 教授 生体内分子シミュレーションによる有用化合物の探索
倉田 博之 教授 医療に生かすコンピュータシミュレーション
矢田 哲士 教授 ゲノム情報の解読と設計を通して、生き物の本質に迫る
山崎 敏正 教授 脳波のデータ解析でBrain-Computaer Interface開発、遺伝子発見データの解析で医療貢献
竹本 和広 准教授 総合生物学のための理論とその応用:ゲノムから生態系までネットワークでシームレスにつなぐ
中川 秀樹 准教授 動物の適応的行動における行動計画戦略とその神経機構の研究
引間 知広 准教授 新しい医療システムの開発
藤井 聡 助教 生体反応と生体分子間相互作用のエネルギー論
前田 和勲 助教 生物のコンピューターシミュレーションモデルを構築し、それを使って生体分子が協調して生命現象を生み出す仕組みの調査・研究
生物振動現象や代謝ネットワークについての研究