HOME > 学務系 > 学生係

学生係

情報工学部・情報工学府の学生向けの、課外活動・保健福利施設・奨学金・授業料免除・学割・学研災等、学生生活に関するお知らせです。

学生へのお知らせ

お知らせは、Garoonへのリンクになっております。


LiveCampus

デヂエ掲示板

ガルーン掲示板

入学料・授業料免除・奨学金について

ガルーンのページでの案内となります。

各種手続き

学生生活支援

「ふっけい安心メール」の登録について

日頃から学生各位においては、防犯意識を持って行動されていることとは思いますが、この度、学生各位の防犯意識を更に高めて頂く事を目的としまして、福岡県警察が配信しております「ふっけい安心メール」への登録を紹介するようにいたしました。これに登録しますと、身近で発生いたします事件や不審者情報を福岡県警察からメールにて配信されます。

つきましては、このメール配信サービスを希望する学生は福岡県警察「ふっけい安心メール」登録のwebアドレスからメール配信登録をお願いします。

なお、大学においてはメール配信登録の紹介をするだけで、登録の強制をするものではございませんので、申し添えます。


福岡県警察ホームページ
「ふっけい安心メール」登録web

学生実験・実習における安全の手引き 平成26年度・平成27年度版 (平成26年4月発行)

情報工学部学生委員会では、「学生実験・実習における安全の手引き」を作成し、毎年情報工学部・大学院情報工学府の新入生に配布しています。

安全衛生

>>安全衛生ホームページ
安全衛生ホームページはガルーンの掲示板機能に移動しました。
ガルーンへログインし、「ルート>全学用(IDなし・学生を含む)>その他>安全衛生」へアクセスしてください。

車両入構登録手続について

平成29年度の車両入構に関する手続きは下記の通りとします。車両での入構を希望する学生は期間内に手続きを終了させてください。申請期間に遅れた場合は追加申請まで公共交通機関で通学してください。臨時許可は行いません。
許可を受けた学生は運転には十分注意をして通学してください。通学途中や駐車場内の事故に関しては学生係に報告を行っていただきますが、自己の責任において処理をお願いします。

車両入構許可申請書および振込用紙の配布箇所 車両入構申請関係の掲示板
申請書の受付期間 平成29年4月7日(金)~平成29年4月13日(木)
申請書の受付場所:時間 AV講演室(共通教育研究棟 AV講義室隣) 11:30 ~ 15:00
上記時間以外は受付けない。
申請期間に遅れた場合は追加申請まで公共交通機関にて通学のこと。
登録手数料 ゲート・駐車場の維持管理費として1000円/年を申請前に郵便局で振込(振込手数料は本人負担)、申請用紙に領収書を貼付すること。許可がおりなかった場合は返金には時間を要する。
生命体にて駐車料金を支払っている学生が申請の際に生命体駐車許可証の写を添付した場合は維持管理費を無料とする。
入構登録証の交付について
① 申請書の提出(車検証・任意保険証の写を添付のこと)と前年度許可証の回収。
  • 任意保険に関しては申請者が申請日に被保険者であることが証明できるものであること。
  • 車両の名義に関しては本人・親族・親族経営の会社名義等であること。
  • 自宅(借上住宅)に駐車場を保有していること。
② 学生証・運転免許証の確認。
③ 維持管理費の納付を確認のうえ、その場で登録証を交付する。
④ 障害者用駐車場を利用希望の場合は障害者手帳を提示のこと。
過年度生について 有効期限の切れた学生証では申請を受付けない。学生証の有効期限が手続き時に切れる学生は平成29年4月7日(金)までに再発行願を教務係に提出のこと。(10日以降の申請では学生証の発行が4月14日(金)以降となる場合があるので注意)
代理申請について 諸事情により申請期間内に本人が手続きを行えない場合は代理申請を受付ける。その場合は申請書に学生証・運転免許証・車検証・任意保険証のそれぞれの写を貼付すること。
同様に郵送での申請も受付ける。(平成29年4月13日(木)必着)
追加申請について 5月以降、学生係にて受付    受付時間 10:00 ~ 15:00

【注意事項】
車両入構許可を受けた学生でも、その後、駐車違反等による警告・施錠の回数を重ねた場合や大学からの指導に従わなかった場合等、許可の取消しや次年度の入構を認めない等の措置をとる場合がある。

研究棟脇駐輪場使用に関する許可について

平成29年度 通学に用いる自動二輪車および自転車の研究棟脇駐輪場使用に関する許可の登録手続きを行います。
許可基準と駐輪場の位置は下記のとおりです。
平成29年4月3日(月)より学生係にて登録申請を受付けます。
許可台数の10台に達した段階で申請の受付を終了します。

許可基準 通学に用いる自動二輪車の研究棟脇駐輪場使用については原則的に女子のみとし、次の上位号の順に優先的に許可する。

    (1) 大学院博士後期課程

    (2) 大学院博士前期課程

    (3) 学部4年次

    (4) その他情報工学部長が特に必要と認めた者

許可台数 駐輪場の使用許可数は10台とする。
駐輪場の位置
学生団体・サークル情報(学生生活に関する団体ホームページの紹介)
サークル紹介
情報工学部 学生自治会 学生自治ネットワーク
新入生歓迎実行委員会 オープンキャンパス実行委員会
卒業アルバム製作委員会 新聞会