HOME > 大学院 > 入学案内

入学者受入方針

大学院情報工学府博士前期課程の入学者受入方針

情報科学・工学の知識を基礎として、情報技術の発展に有用な基盤技術を開発したり、いろいろな分野の科学技術との融合によりさまざまな課題に対処できる新しい情報システムを構築したり、更にIT 革命に合わせて社会の仕組みの変革に貢献できるような、高度ICT技術者及び情報技術を幅広い分野で応用できる高度技術者・研究者の養成を目指している。

したがって、入学試験においては、(1)情報工学及び対象分野に関する基礎学力を十分に修得しており、(2)社会の動向に関心をもって新たな課題を探究し、(3)その解決のために前向きな姿勢をもって努力を惜しまず、(4)十分なコミュニケーション能力を有して人と協調して問題解決に当たれる人材を求める。

大学院情報工学府博士後期課程の入学者受入方針

情報科学・情報工学の高い専門性に基づいて、情報技術の発展に有用な先端的な基盤技術を開発したり、いろいろな分野の科学技術との融合により実在する種々の課題に対処できる革新的な情報システムを構築したり、更にIT 技術の将来を先取りし社会の仕組みまでを変革するグローバルリーダーとなり得るような、最先端の情報工学的アプローチを総合的に取り扱うことのできる姿勢を身につけた人材の養成を目指している。

したがって,入学試験では,(1) 先端的基盤技術を開発するための情報科学・情報工学とその応用領域又はそれらの成果を活用・展開して学際領域を開拓するための境界領域のいずれかにおける問題解決能力を修得しており、(2) 研究開発の社会的波及効果を理解しながら未知の課題を探究し、(3) その解決のために情報工学的アプローチを用いて努力する強い意志と前向きな姿勢をもち、(4) 人と協調して問題解決に当たるための日本語と外国語による十分なコミュニケーション能力を有する人材を求める。

入学情報案内

大学院情報工学府博士前期課程入学試験案内

大学院情報工学府博士後期課程入学試験案内

大学院情報工学府進学ガイド