HOME > 大学院 > コース概要

コース・モジュール制の導入

情報工学府では、大学院での系統立った履修指針を与えることを目的とし、平成19年度より博士前期課程においてコース・モジュール制を導入しています。

1.モジュールについて

モジュールとは、特定の学習目的(モジュールの概要を参照)を教授するための数科目(3科目程度)からなる科目群のことをいいます。

修得基準 各モジュールが定める修得基準を満たす単位を取得した場合、そのモジュールの「修得」が認定されます。

2.コースについて

コースとは、修了後のキャリアパスを意識した、数モジュール程度で構成される科目の体系のことをいいます。コースを修了することにより、目指すキャリアパス(各コースの説明を参照)に必要な能力を体系的に身につけることができます。

修了基準 各コースが定める修了基準を満たす単位取得した場合、そのコースの「修了」が認定されます。コースの修了認定はコース責任者により行われます。
履修登録方法 決められた期間内に「コース履修登録届」を提出しなければいけません。また、履修登録を取り下げる場合は「コース履修取り下げ届」を提出しなければいけません。
修了証 コースの修了認定がされた学生には、学府長から「修了証」が授与されます。

3.注意事項

  • コース・モジュールの履修方法等についての詳細は、4月のオリエンテーション時に説明します。
  • すべての大学院開講科目がモジュールやコースに含まれているとは限らないので注意してください。
  • 博士前期課程の修了要件とコース修了基準は異なるので以下の点に注意をしてください。
    ・コース登録は選択制であり、希望する学生のみがコース登録を行ってください。
    ・大学院を修了するためには、博士前期課程の修了要件を満たさなければいけません。(コースの修了基準を満たしただけでは大学院の修了とはなりません。)
    ・逆に、登録したコースの修了基準を満たさない場合でも、博士前期課程の修了要件をみたせば大学院を修了することができます。

大学院教育改革支援プログラム:モジュール積み上げ方式の分野横断型コース

大学院情報工学研究科 教授 延山 英沢
取得期間:平成19年度~平成21年度

>> 事後評価(2011年1月)
もっとも高い総合評価(目的は十分に達成された)を受けました。