HOME > 大学院 > GILプログラム

グローバルインフォマティクスリーダーズコース

~ Global Infomatics Leaders Program ~
専門分野における国際コミュニケーション能力の修得、グローバルリーダーとしての資質の涵養、多様な異文化理解能力の涵養を通じて、リーダーとして国際的に活躍できる情報工学技術者を養成します。


【学習目標】

専門分野における国際コミュニケーション能力の修得
 情報工学及び各専門分野に関して、国際的に通用する最先端の専門技術を修得すると共に、これらについて英語と日本語でコミュニケーションできる能力を修得する。
グローバルリーダーとしての資質の涵養
 リーダーとして国際的に活躍するために、マネジメント、リーダーシップ企業活動に関する知識及び能力を修得する。
多様な異文化理解能力の涵養
 日本の歴史・文化への造詣を深めると共に、異文化を理解・尊重するためにの知識及び能力を修得する。

充実したカリキュラム

    ◆情報工学府で開設される他のコース(本コース以外のコース)を1つ以上修了する。

    グローバル理工学モジュール (4単位)を下記から修得

    • グローバル情報学研究Ⅰ
    • グローバル情報学研究Ⅱ
    • グローバル情報学研究Ⅲ
    • グローバル情報学研究Ⅳ
    •  ※海外研究機関での研究活動

    • 情報工学府の外国語による授業科目
    • 海外の大学での外国語による情報工学・理工学系科目
    • その他の情報工学府が認めたもの

    グローバルマネジメントモジュール(4単位)を下記から修得

    • グローバル技術マネジメント
    • 情報工学府が指定する外国語によるマネジメント系科目
      ・Design Thinking
      ・Decision Making
    • 国際インターンシップⅠ
    • 国際インターンシップⅡ
    • 国際インターンシップⅢ
    • 国際インターンシップⅣ
    • 情報工学実践セミナーⅠ
    • 情報工学実践セミナーⅡ
    •   ※特別講演、各種セミナー、企業の講師による対話型の授業、国際会議の基調講演聴講等

    人間科学モジュールを修得

海外派遣

実践的な能力の修得として、海外の大学での外国語による情報工学・理工学系科目を修得しています。

海外派遣実績

  • FTP大学(ベトナム)
  • Universiti Teknologi Malaysia(マレーシア)
  • SynTest Technologies, Inc.(米国)
  • Hanbat National University(韓国)
  • 台湾科技大(台湾)