知能情報工学科 Department of Artificial Intelligence

人とコンピュータが協調する、新しい情報技術。

学科の特徴

人が考えて操作するだけでなく、人が考えることをサポートするような、「知的」な情報システムの実現を目指す知能情報工学科。ことば、音声、映像などのさまざまメディアを介して、あたかも人が考えているかのように振る舞い、また、人が思いもよらないことを生み出すような、「人とコンピュータが協調する」ための新しい情報技術を確率できる人材の育成を目指しています。
そのために知能情報工学科では、コンピュータ・サイエンスの専門知識に加えて、日々蓄積されている大量のデータの中から人の役に立つ規則や新たな知識を発見する「データ科学」、人のように考え、話し、教える「人工知能」、人のように認識し、人にわかりやすく伝える「メディア情報学」という3つの専門分野の基準理論から応用・実践までを学びます。
卒業後は、大学院に進学するほか、コンピュータメーカーや通信、ソフトウエア産業をはじめ幅広い分野での活躍が期待されます。

これからの情報技術は、ことば、音声、映像などのさまざまなメディアを利用することによって、コンピュータと人との協調を可能にします。つまり、人が考えて操作するのではなく、人が考えることをサポートするような知的な情報システムを実現することが可能になります。

コース紹介

データ科学コース

日々蓄積されている大量のデータの中から人の役に立つ規則や新たな知識の発見

数理統計や人工知能なのでに基づいた、さまざまなデータから規則や知識を抽出するための手法を開発し、それらを効率化、高精度化、汎用化する能力を養い、データ科学んび総合的に取り組む人材を育成します。将来はビックデータの解析・活用などデータの意味や質を扱うデータサイエンティストやシステムエンジニアとして、幅広い産業分での活躍が期待されます。

キーワード
データ科学、情報検索、データベース、データ圧縮、データマイニング、機械学習、人工知能、数理統計、オペレーションズ・リサーチ、最適化、アルゴリズム
養成する技術者像
データ科学に総合的に取り組むことができる技術者

人工知能コース

人のように考え、話し、教える情報技術

人の意図を理解し、知的活動を支え、人と対話する情報処理システムを開発できる高度情報処理技術者を養成します。基礎となる問題解決・探索・知識表現・プランニング・推論・自然言語処理などの知識や学習・論理プログラムなどの技術を身につけます。将来、知的処理や人工知能に強みを持つエンジニアとして、コンピュータメーカーやソフトウエア産業などでの活躍が期待されます。

キーワード
人工知能、問題解決、探索、知識表現、プランニング、推論、自然言語処理、学習、論理プログラム、知的情報処理
養成する技術者像
人の意図を理解し、人と対話できる知的情報処理システムを開発できる技術者

メディア情報学コース

人のように認識し、人にわかりやすく伝える情報技術

音声・画像・動画などさまざまなメディアを処理する知識や技術を身につけ。メディアの協議・理解、VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)を用いた高度なユーザインターフェース、コンピュータービジョンの応用技術を含む情報処理システムのを開発できる技術者を養成します。将来は、主にメディア情報処理やゲーム開発などの分野で活躍が期待されます。

キーワード
メディア処理、メディア認識、メディア理解、コンピュータグラフィックス、コンピュータビジョン、符号化、知的情報処理
養成する技術者像
音声・画像・動画などさまざまなメディアを処理する情報処理システムを開発できる技術者

>> 研究者紹介