HOME > 情報工学部ってどんなところ? > 知的システム工学科

知的システム工学科

人と未来を繋ぐ知的システム。

学科の特徴

社会の抱えているさまざまな問題に対して、人と未来を繋ぐ新しいシステムの実現を目指す知的システム工学科。情報工学とロボット技術、システム制御技術、機械工学をそれぞれ融合した、知的システムを構築できる人材の育成を目指しています。
そのために知的システム工学科では、高度なロボットの応用技術とICT基盤技術を統合・包括する「ロボティクス」、高い性能と品質が求められる分野におけるシステム制御を理論から応用まで学ぶ「システム制御」、マイクロ/ナノ技術や3Dデザインを基盤とする高度な機械・情報工学の基礎から応用まで学ぶ「先進機械」の3コースを設けています。そして、情報・画像・制御・機械技術の融合によって構築されるロボット・インテリジェントカー、医療用マイクロマシンや超精密マイクロ加工・計測・3Dプリンティングなど、先進的なシステムの設計・開発を学びます。
卒業後は、情報工学の知識を生かした、自動車、重工業、鉄鋼などの機械系、家電、半導体、光学機器などの電機系、情報インフラ、生産情報システム、デジタル・エンジニアリングなどの情報系などの幅広い分野で、新たな知的システムを創出できる技術者としての活躍が期待されます。

コース紹介

ロボティクスコース

高度なロボットの応用技術とICT基盤技術の統合・包括

ロボティクスの基礎から応用まで総合的に学び、それぞれをICT基盤技術と統合・包括する能力を養い、生活の質、労務代替を担うサービス・ソーシャルロボット、フィールドロボットの分野でロボティクス技術を活用できる人材を育成します。将来は、幅広い産業分野、社会システム全般における高性能なロボティクスシステムの研究・開発を行える人材として活躍が期待されます。

キーワード
知的ロボティクス、計測・制御、画像処理、知的情報処理、ロボット運動学、ダイナミクス、ICT
養成する技術者像
高度なロボティクスの応用技術とICT基盤技術を統合・包括できる技術者

システム制御コース

高い性能と品質が求められる分野におけるシステム制御の理論から応用

制御工学と情報工学の知識と技術を身に着け、高度情報化社会を支えるシステム設計・開発に寄与し、ものづくりの即戦力となる技術者を養成します。将来は、ロボット、メカトロニクス、自動車、電機・電力、生物システム、輸送システム、医療・福祉、エネルギー、環境などの分野で、特に高い性能と品質を求められるシステムの制御を担う技術者として、活躍の場が広がっています。

キーワード
制御工学、計測工学、信号処理、モデリング、システム同定、ダイナミクス設計、システム最適論
養成する技術者像
さまざまな分野でシステム制御の技術を利活用できる技術者

先進機械コース

マイクロ/ナノ技術や3Dデザインを基盤とする機会・情報工学の基礎から応用

情報工学と機械工学をそれぞれ融合した次世代の先進機械システムを設計・構築できる技術者を育成します。将来は、機械工学の知識が求められる自動車、重工業、鉄鋼、家電、半導体、光学機器、エネルギー、環境などの分野や情報工学の知識が求められる情報インフラ、生産情報システム、デジタル・エンジニアリングなどの分野で、機械と情報を融合した次世代の知的システムの研究・開発を担う技術者として、活躍の場が開かれています。

キーワード
計算力学、CAE、マイクロ・ナノ加工、加工計測、CAD/CAM、生産システム、精密工学、MEMS、産業ロボティクス、組込みソフトウェア、機械電子制御、機械情報、3Dデザイン、組込みシステム
養成する技術者像
情報と機械を融合した先進的な機器を開発し情報と社会をつなぐことのできる技術者