研究内容紹介(動画)

研究内容紹介(動画)
ホーム > 研究者紹介 > 研究内容紹介(動画)

こちらのページでは、一部教員の研究内容を動画でご覧いただけます。

知能情報工学科

時間:3分15秒

データ科学コース

井 智弘 研究室
情報の理にかなう
革新的データ処理技術の開発

大量のデータの中から価値のある「情報」を取り出す技術の開発

時間:2分19秒

人工知能コース

嶋田 和孝 研究室
コミュニケーションを工学的に理解する

コンピュータによる言葉の解析・理解:自然言語処理

時間:2分15秒

メディア情報学コース

齊藤 剛史 研究室
バリアフリーな会話の未来を目指して
読唇技術によるサイレント音声認識

唇の動きから発話内容を読み取る次世代音声インタフェース読唇技術の開発

 

情報・通信工学科

時間:2分23秒

ソフトウェアデザインコース

江本 健斗 研究室
プログラム開発のコストを下げよ!
「プログラミング言語」に関する研究

生産性・安全性の高い「プログラミング言語」の開発

時間:2分56秒

情報通信ネットワークコース

塚本 和也 研究室
身近なネットワークを「知性化」
地域課題解決や障害に強い技術の開発

横断的なデータ利活用を可能にするネットワークシステムの研究開発

時間:4分26秒

コンピュータ工学コース

荒木 俊輔 研究室
デジタルデータを守る

様々なコンピュータネットワークを流れる情報を守る、情報セキュリティ技術の研究

 

知的システム工学科

時間:2分21秒

ロボティクスコース

大竹 博 研究室
大空を自由に飛行する
鳥型羽ばたき飛行ロボットの開発

 

時間:3分37秒

システム制御コース

中茎 隆 研究室
究極の知的システム
分子ロボットが描く技術革新

分子ロボットの知能中枢を担う分子コンピュータに関する理論と技術

時間:6分54秒

先進機械コース

カチョーンルンルアン・パナート 研究室
光の回折限界越しの
ダイナミックな三次元ナノ現象の世界をみる

半導体基板などWet表面上における高速ナノスケール現象の三次元観測法の確立

※ 字幕ONでご覧ください。

 

物理情報工学科

時間:3分7秒

電子物理工学コース

髙林 正典 研究室
ホログラフィと情報技術で光を知る、操る

「光と情報の研究室」
光工学の力で高度な情報システムを、情報工学の力で高度な光システムを

時間:3分13秒

生物物理工学コース

森本 雄祐 研究室
1細胞内の物理量を「可視化」
生命の仕組みを理解する

細胞機能を制御する1細胞内物理量の定量解析

 

生命化学情報工学科

時間:3分34秒

分子生命工学コース

花田 耕介 研究室
情報解析から遺伝子機能を推測し、様々な形質・形態に関係する遺伝子を発見する!

網羅的な分子データを駆使して、生物を分子レベルで理解する研究

時間:3分16秒

医用生命工学コース

竹本 和広 研究室
信頼できる医療AIを実現するための
計算手法の開発

人工知能の信頼性評価と安全性向上のためのアルゴリズム開発とその応用

 

過去の動画

各教員の写真をクリックすると、動画をご覧頂けます。【FLASHデータ】

 知能情報工学研究系 
「データに隠されている規則性を見つけよう さまざまなデータからのデータマイニング」
平田 耕一 准教授
(2009年撮影)
「Human Computer Interaction 私たちの感性をコンピュータで取り扱う研究」
吉田 香 准教授
(2010年撮影)
 電子情報工学研究系 
「最高に信頼できる通信システムを作る 停電でも端末機器の故障でも正常動作を続ける有線通信システム」
甲木 昭彦 准教授
(2009年撮影)
「超伝導体による磁気浮上 人間浮上も安定してできる驚異の技術」
小田部 荘司 教授
(2010年撮影)
 システム創成情報工学研究系 
「計算機上の仮想人間のリアルタイムアニメーション技術 コンピュータゲームやCGアニメーションへの応用を目指した技術の開発」
尾下 真樹 准教授
(2009年撮影)
「データを科学する 科学とは予測である」
廣瀬 英雄 教授
(2010年撮影)
 機械情報工学研究系 
「蝶の飛翔メカニズムと蝶ロボットの挑戦 なぜ蝶は飛ぶことができるのか?蝶ロボットを創れるか?」
渕脇 正樹 准教授
(2009年撮影)
「ロボティクスコミュニケーション 人との共生をめざして」
林 英治 准教授
(2010年撮影)
 生命情報工学研究系 
「生命の創り出すナノ世界を覗き見る 電子顕微鏡とコンピュータが開く微小空間の可視化」
安永 卓生 教授
(2009年撮影)
「Brain-Computer Interface あなたが何を考えているのか脳波から当てましょう」
山﨑 敏正 教授
(2010年撮影)
 人間科学系 
「コンピュータで学び つながる世界 eラーニングで学ぶことの意味」
西野 和典 教授
(2009年撮影)
「ある日の近藤先生の「文化人類学入門」講義風景 君もワクワク・ドキドキ・ハラハラしながら絶対に将来の自分作りをしよう」
近藤 直也 教授
(2010年撮影)