学内備蓄品を検証するために、避難体験を実施しました。 | 国立大学法人 九州工業大学 情報工学部【飯塚キャンパス】

新着情報-トピックス

新着情報
ホーム > 新着情報 > トピックス > 学内備蓄品を検証するために、避難体験を実施しました。

学内備蓄品を検証するために、避難体験を実施しました。

トピックス 掲載日:2016年11月10日

(2016.11.10 更新)

日 時 平成28年10月29日(土)
場 所 飯塚キャンパス 体育館1階(武道場)
内 容 平成28年10月29日(土)、飯塚キャンパス 体育館1階(武道場)において、災害時、帰宅困難になった時などに使用する学内備蓄が充分であるかを、体験により検証しました。 _ ライフラインが止まった状況を想定して行動することで、学内備蓄以外で足りない物が多いことや、それを実際に利用する際に困ることがかなりあることに気づきました。参加者でそれらを共有し、その場で意見を出し合いました。今後は、今回見えてきた課題を改善していく予定です。 _

非常食試食の様子

備蓄物品移設の様子
問い合せ先 情報工学部 総務係    電話:0948-29-7500

>> 戻る

国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
キャリアセンター
情報工学部 連携教育推進室
大学生活協同組合
教員公募

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ