新着情報-トピックス

新着情報
ホーム > 新着情報 > トピックス > 科学技術振興機構「さくらサイエンスプラン」により、バングラデシュの留学生が本学を訪れました。

科学技術振興機構「さくらサイエンスプラン」により、バングラデシュの留学生が本学を訪れました。

トピックス 掲載日:2018年11月27日

日 時 平成30年11月 6日(火)~11月14日(水)
2018.11.6~2018.11.14
場 所 九州工業大学 飯塚キャンパス
Kyushu Institute of Technology, Iizuka Campus
内 容

本学では科学技術振興機構公募事業『さくらサイエンスプラン』に採択され、平成30年11月6日(火)から11月14日(水)の9日間、バングラデシュのダッカ大学・ラジシャヒ大学・ションデヤニ看護学校から、学生9名、研究者1名、教員1名を受入れました。
Kyutech invited nine students, one researcher, and one professor from University of Dhaka, University of Rajshahi and Shandhani Nursing Institute for international exchange program.


プログラム開始前からバングラデシュの学生と本学の学生とで3グループに分かれ、スカイプでトピック決めや意見交換等を行いました。本学ではデザイン思考に関する講義の受講や、 持続可能な社会に関するグループワークを行いました。
Bangladesh students and Kyutech students have been separated into three groups and had discussion about each topic before their arrival. After they arrived at Kyutech, Iizuka campus, they joined lecture about Design Thinking and group work about Sustainable society.


また飯塚病院や立岩小学校の見学を行いました。留学生からは医療や教育のシステムについて多くのことを学ぶことができたとの声がありました。
Also they learned medical and education system in Japan from visiting Iizuka hospital and Tateiwa elementary school.


後半は九州大学の伊都キャンパスや大橋キャンパスに行き、ポータブルヘルスケアついて講義やグループワークを行い、最終プレゼンテーションを行いました。
In the latter half of this program. Bangladesh students joined lecture and group work abut “Portable Health Care” and had final presentation at Kyushu University.


本プログラムは留学生にとっても、参加した日本人学生にとっても有意義なものとなりました。
These experiences were fruitful for Bangladesh students and Japanese students.



グループワークの様子
Group work


歓迎会の様子
Welcome party


飯塚病院見学の様子
Visiting Iizika Hospital


問合せ先 情報工学部事務部学生係 林 満紗代
Student Affairs Section Masayo HAYASHI
   電話 :0948-29-7533
   E-mail:  jho-gakusei[at]jimu.kyutech.ac.jp
    ※スパム防止のため@を[at]にしています。
     送信の際はお手数ですが[at]を@(半角)に置換して下さい。
国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
キャリアセンター
情報工学部 連携教育推進室
大学生活協同組合
教員公募

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ