新着情報-トピックス

新着情報
ホーム > 新着情報 > トピックス > 本学学生がICGIP2021においてEXCELLENT ORAL PRESENTATIONに選出されました

本学学生がICGIP2021においてEXCELLENT ORAL PRESENTATIONに選出されました

トピックス 掲載日:2021年09月06日
最終更新日:2021年09月14日

2021年8月18日~20日、13th International Conference on Graphics and Image Processing (ICGIP 2021) がオンラインで開催され、本学大学院情報工学府 学際情報工学専攻 博士前期課程2年の中村祐哉さんが、『3DCNN-based mouth shape recognition for patient with intractable neurological diseases』と題して研究発表を行い、EXCELLENT ORAL PRESENTATIONに選出されました。これはセッション毎に1件ずつ選ばれるものです。

この研究は、神経難病患者のコミュニケーション支援システムの開発を目的として、その基盤となる口形認識に関するものです。神経難病患者の発話シーンを収集し、深層学習の一種である3D-CNNモデルを提案し、認識実験を実施して提案モデルの有効性を示しました。
※本研究は国立障害者リハビリテーションセンター研究所 伊藤和幸氏との共同研究です。

 

受 賞 者 中村祐哉(大学院情報工学府 学際情報工学専攻 博士前期課程2年)
発表題目 "3DCNN-based mouth shape recognition for patient with intractable neurological diseases"
指導教員 齊藤剛史 教授(大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系)

 


表彰状

国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
九州工業大学 飯塚キャンパス技術部
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
大学生活協同組合
教員公募
Leaflet for international students

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ