新着情報-プレス情報

新着情報
ホーム > 新着情報 > プレス情報 > 九州工業大学の履修証明書電子発行に関する共同実証実験を開始~不正使用を防止するブロックチェーン技術を活用~

九州工業大学の履修証明書電子発行に関する共同実証実験を開始~不正使用を防止するブロックチェーン技術を活用~

プレス情報 掲載日:2021年10月04日

九州工業大学の履修証明書電子発行に関する共同実証実験を開始

~不正使用を防止するブロックチェーン技術を活用~

 

国立大学法人九州工業大学(本部:福岡県北九州市、学長:尾家 祐二)、株式会社アイティフォー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 恒徳)、株式会社chaintope(本社:福岡県飯塚市、代表取締役CEO:正田 英樹)の3者は、ブロックチェーンを活用した電子証明書発行に関する共同実験を開始します。

3者は、九州工業大学が開講している情報教育支援士養成講座の履修証明書について、スマートフォンやタブレットへの電子発行から、福岡県飯塚市などの自治体に提出し正式受領されるまでの一連の手続きを行い、電子証明書の真正性・有効性や、各種手続きの簡略性・利便性によるコストや負荷削減効果を実証します。実験では、アイティフォーが、chaintopeのブロックチェーン「Tapyrus(タピルス)」を活用して電子証明書交付に関するトラストサービスを構築します。

当実証実験は、2021年10月からシステム開発を実施し、2022年3月より開始予定です。

◆実証実験の目的
近年、さまざまな分野でインターネットを活用したオンラインでの業務遂行やインターネット決済のような非対面取引の拡充、テレワークを活用した新しい働き方が求められています。国や地方行政が提供する住民サービスについても、デジタル強靭化による業務変革(BPR)に改めて関心が集まり、住民票の写しなどの証明書の電子交付についても期待が高まっています。

九州工業大学では従来、在学生や卒業生などに対し各種証明書を印刷・押印して提供していました。しかしながら近年のペーパーレス化への動き、新型コロナウイルス感染症拡大を機に浮上した在学生や卒業生に対する安心安全を配慮した非接触・非対面の取り組みの必要性、さらには同大学が掲げる「未来思考キャンパス構想」の推進に向けて、各種証明書の電子化を検討していました。このような状況から、証明書電子交付の開始に向け、まずは情報工学部における情報教育支援士養成講座の修了生に交付する履修証明書を対象に実証実験を実施することを決定しました。

◆実証実験の概要
今回の実証実験では、ブロックチェーン技術を活用した大学の電子証明書発行と、その証明書の真正性・有効性、さらには電子証明書導入による効果を確認します。

九州工業大学情報工学部は、社会人を対象にした情報教育支援士養成講座を開講し、県内の支援士育成を推進しています。全講座の受講を修了した人には履修証明書を紙で発行していますが、今回の実証実験ではこの履修証明書を電子発行します。

電子発行にあたっては、アイティフォーがトラストサービスを構築・運用します。この際、電子データ形式で取得した証明書を不正に書き換えたり、大学になりすまして証明書を偽造したりする行為の防止技術としてchaintopeが開発したブロックチェーン基盤「Tapyrus」を採用します。

発行された履修証明書は、地元自治体の飯塚市などに提出。正式に受理されることで公的証明書としての効力を有することと電子証明書の真正性、さらには証明書電子化によるコストや負荷の削減効果を実証します。

1.開 始 2022年3月から※2021年10月よりシステム開発開始
2.実施場所 飯塚市、九州工業大学情報工学部
3.検証対象 九州工業大学情報工学部の情報教育支援士養成講座受講修了生
4.各者の役割 【九州工業大学】 情報工学部に対する実証実験業務と対象の提供
【アイティフォー】トラストサービス全体のシステムインテグレート
プラットフォーム構築・提供
【chaintope】 証明書の不正使用を防止するブロックチェーン「Tapyrus」の提供

 

 

 



実験概要図


 

 

 


◆今後について
DX時代に向けて、各大学では、学内で発行する在学証明書、卒業見込証明書、成績証明書などを電子化することで、業務効率化と学生等へのさらなるサービス向上を模索しています。

アイティフォーとchaintopeは、国内の地方大学へトラストサービスの横展開と電子発行された各種証明書活用のための民間企業との連携を推進していく予定です。また構築したトラストサービスを活用し地方自治体の住民サービス向上を図るため、住民票などの証明書の電子交付サービスを展開・拡大。さらには、地方DX推進ならびに地方創生に向けたデジタルプラットフォームを提供することで地域住民をご支援すると共に、持続可能な社会実現に向けて地域社会への貢献強化を目指していきます。


【国立大学法人九州工業大学】


代表者 学長 尾家 祐二
本部所在地 〒804-8550 福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
電 話 093-884-3007
U R L https://www.kyutech.ac.jp/

【株式会社アイティフォー】


代表者 代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容 システムインテグレーター(システム構築)
電 話 03-5275-7841(代表)
U R L https://www.itfor.co.jp

【株式会社chaintope】


代表者 代表取締役CEO 正田 英樹
本社所在地 〒820-0066 福岡県飯塚市幸袋530番地25
事業内容 ブロックチェーンテクノロジーカンパニー
U R L https://www.chaintope.com/

 

 

 


プレスリリース本文はこちら


【お問い合わせ】
◆大学に関するお問い合わせ
 国立大学法人九州工業大学 総務課広報企画係
  TEL: 093-884-3007
  E-mail : sou-kouhou*jimu.kyutech.ac.jp

◆ブロックチェーン技術に関するお問い合わせ
 株式会社chaintope
  E-mail:info*chaintope.com

◆その他、実証実験全般に関するお問い合わせ
 株式会社アイティフォー 広報部
  TEL:03-5275-7914
  E-mail:kouhou_ml*itfor.co.jp

  (メールは*を@に変えてお送りください)

国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
九州工業大学 飯塚キャンパス技術部
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
大学生活協同組合
教員公募
Leaflet for international students

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ