本学教員と学生による論文がCATE2010最優秀論文賞に選定されました | 国立大学法人 九州工業大学 情報工学部【飯塚キャンパス】

新着情報-トピックス

新着情報
ホーム > 新着情報 > トピックス > 本学教員と学生による論文がCATE2010最優秀論文賞に選定されました

本学教員と学生による論文がCATE2010最優秀論文賞に選定されました

トピックス 掲載日:2010年10月04日

(2010.10.4更新)

最優秀賞論文賞受賞時の廣瀬教授
最優秀賞論文賞受賞時の廣瀬教授
日 時 平成22年8月25日(水)
場 所 ウェスティン マウイ (ハワイ)
内 容  システム創成情報工学科の廣瀬 英雄教授と大学院2年の作村 建紀さんが発表した論文「An Accurate Ability Evaluation Method for Every Student with Small Problem Items Using The Item Response Theory(項目反応理論を用いれば少数の問題でも全学生の評価が正確にできる)」(廣瀬,作村)が、CATE(Computers and Advanced Technology in Education)2010年国際会議において、最優秀論文賞に選定されました。
■参照サイト:
 システム創成情報工学科
問合せ先・担当 九州工業大学情報工学部 広報室

>> 戻る

国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
キャリアセンター
情報工学部 連携教育推進室
大学生活協同組合
教員公募

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ