新着情報-トピックス

新着情報
ホーム > 新着情報 > トピックス > 長崎ビジネスDXカンファレンス "SAI ZEN SEN" で講演をしました。

長崎ビジネスDXカンファレンス "SAI ZEN SEN" で講演をしました。

トピックス 掲載日:2022年08月24日

2022年5月26日(木)と27日(金)の2日間、長崎市の出島メッセ長崎でビジネスや地方自治体で行なわれるDXについて話し合うカンファレンスが開催され本学教員と本学学生が発表を行ないました。


大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系の小田部荘司教授は「最近の学生の動きについて ---地域・DX・学生のつながり---」と題した講演を行ない、アプリ作成ができる優秀な学生により、地方創生を狙ったDXが行なわれていく背景や問題点について説明を行ないました。


また、26日晩に行なわれたLWTT(LINE WORKS Tech Talk)という技術面からの情報交換会では、本学学生がアプリ作成の実例について発表を行ないました。大学院情報工学府 情報創成工学専攻の橋口駿亮さんは、人工知能を用いて電力需要を予測する結果を発表しました。情報工学部 知能情報工学科4年の高野耕大さんはCO2の可視化をして環境問題を意識してもらう例を紹介しました。情報工学部 情報・通信工学科4年の西野颯真さんと情報工学部 物理情報工学科2年の村田哲一朗さんは防災報告アプリ「マップチェーン」について紹介し今後の展開について話しました。


この取組は学生プロジェクト「飯塚未来開発」と「Comet」の活動の一環として行なっています。今後は飯塚市役所の業務改善・DX課と協力して、実際の課題についてアプリ開発を通じて解決していく試みを行なう予定です。



橋口さんによる発表の様子


高野さんによる発表の様子


西野さんと村田さんによる発表の様子


中央4名、左から高野さん、橋口さん、村田さん、西野さん

国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
九州工業大学 飯塚キャンパス技術部
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
大学生活協同組合
教員公募
Leaflet for international students

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ