3年次編入学既修得単位認定の手引き

3年次編入学既修得単位認定の手引き
ホーム > 入試・入学案内 > 3年次編入学について > 3年次編入学既修得単位認定の手引き

3年次編入学既修得単位単位認定の手引き

情報工学部の5学科は JABEE (日本技術者教育協会)による教育プログラムの認定に合格しており、JABEEが定める規定に基づいて3年次編入学生に対する「既修得単位の認定」を行います。

単位認定に関する作業と手順

九州工業大学情報工学部への3年次編入学を希望する学生およびその関係者の皆様に、3年次編入学生を受け入れるにあたって実施する「既修得単位の認定」の基準とその手続きについて説明します。

手順 1

単位認定の作業は、3年次編入学生に3月中に提出してもらう成績証明書、単位認定を希望する科目のリスト(「単位認定希望科目調査書」に記入)、各科目の単位認定の根拠となる出身高専等における修得科目に関する資料(修得科目のシラバス)に基づいて、各学科の単位認定担当者が書類審査により実施します。

「単位認定希望科目調査書」フォーマット

単位認定希望科目調査書の記入フォーマットは下記になります。 教職課程の履修を希望する学生については、以下のリンク先を必ずご一読ください。

教職課程の履修を希望する学生について

各自入学する学科で内容が異なります。入学する学科のPDF形式もしくはExcel形式のファイルをダウンロードして下さい。

学科 PDF形式 Excel形式
知能情報工学科 単位認定希望科目調査書 単位認定希望科目調査書
電子情報工学科 単位認定希望科目調査書 単位認定希望科目調査書
システム創成情報工学科 単位認定希望科目調査書 単位認定希望科目調査書
機械情報工学科 単位認定希望科目調査書 単位認定希望科目調査書
生命情報工学科 単位認定希望科目調査書 単位認定希望科目調査書

3月上旬に九州工業大学情報工学部より「単位認定に関する資料の提出」に関する案内が郵送されますので、その指示に従って、次の三つの資料を3月の指定された日までに提出して下さい。

単位認定希望科目調査書

認定希望科目に対しては、「認定希望」欄に「○」を記入し、「認定の根拠となる修得科目」欄に「出身高専等で修得した科目名」を記入するとともに「開講年次およびその修得科目が掲載されているシラバスのページ番号」を記入して下さい。

出身高専等のシラバス

シラバスが冊子になっている場合には、その冊子を提出して下さい。 シラバスが出身高専等のHPに置かれている場合は、出身学科の3年次以上の全科目のシラバスのコピーを作成し、適当な(ページ番号にかわる)通し番号を付けて提出して下さい。

成績証明書

編入学生は、入学手続き前(1月頃)に学生宛に郵送される「情報工学部編入学試験合格者の入学手続きについて」の指示に従って「卒業証明書」と「成績証明書」を大学に提出することになっています。 「成績証明書」をすでに大学に提出している場合には、「単位認定に関する提出資料」に「成績証明書」を含める必要はありません。

手順 2

4月入学時において、各学科の単位認定担当者と面接を行い、書類審査の結果を確認するとともに、希望があれば新たな単位認定科目を追加する作業等を行います。面接においては、単位認定担当者が指定した修得科目については、出身高専等で用いた当該科目の教科書やノート等を提出する必要があります。 なお、教職課程の履修を希望する学生については、面談の際に教育職員免許法施行規制第六十六条の六に定める科目の個別認定と、第六十六の七に定める単位数(例えば、高専出身者は4、5年次で取得した科目で10単位を上限)内での科目の指定を行う。

手順 3

各学科の単位認定担当者が作成する「単位認定に関する上記資料」に基づいて、情報工学部教務委員会において審議を行い、適切と認められる単位認定に対しては承認を与えます。認定された科目は、編入学生の成績表に追加されます。認定された科目の成績は「認定」としされます。 なお、単位認定された科目は「既修得科目」と見なされるため、在学中にその科目を履修することはできません。