第2回アイデアコンテスト結果発表 | 国立大学法人 九州工業大学 情報工学部【飯塚キャンパス】

第2回アイデアコンテスト結果発表

第2回アイデアコンテスト結果発表
ホーム > 広報室 > アイデアコンテスト > 第2回アイデアコンテスト結果発表

つくろう!こんなものあったらいいな! 第2回アイデアコンテスト

平成22年10月30日に行われました、「ISGフェスタ2010」にて、「つくろう!こんなものあったらいいな! 第2回アイデアコンテスト」を開催いたしました。
 今回のテーマは「ダウンサイジング」。今あるものを小型化する事によって、将来の社会や家庭が便利で快適になるような「あったらいいな」と思うあたらしいもののアイデアを募集しました。
 小学生以下の部、中学生の部、高校生以上の部の3つの部門を設け、応募総数は103点でした(対象部門不明4点を含む)。厳選なる審査の結果、以下のとおり各賞受賞作品を決定しました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。


小学生以下の部  (応募作品数:87点)

≪最優秀賞≫
最優秀賞(小学生以下の部)
「カプセル式体内治療ロボット」
小野山 翔大くん   椋本小学校 5年生
【受賞の理由】
カプセル式体内治療ロボットは、マイクロロボットとして、最先端の研究分野です。変形すると、治療したり、診察したり、機能別のロボット。それらが、カプセルとしてパッケージングされているのがとても興味深い所です。
≪優秀賞≫
優秀賞(小学生以下の部)
「ミニしんぶん」
吉冨 大騎さん   稲築東小学校 2年生
【受賞の理由】
ダウンサイジングをエコにつなげ、新聞の小型化という発想はすばらしいですね。新聞という情報発信方法の将来はどうなるのでしょうね。
≪佳作≫ ※順不同
「そうじをしてくれる犬ロボット」
川﨑 莉子さん
伊岐須小学校 2年生
「脳波移動イス」
田中 連くん
碓井小学校  2年生
「れいぞうこをかるくするぼうすいのかみ」
和田 涼那さん
桂川小学校  2年生
「赤ちゃんからのれるブランコ」
於田 沙耶香さん
鎮西小学校  4年生
「バッグ車」
松岡 杏奈さん
伊岐須小学校 4年生
「暑くも寒くもないうすいふとん」
末吉 竜くん
平恒小学校  5年生
「声、ほんやく機」
広瀬 健和くん
大分小学校  5年生

中学生の部  (応募作品数:3点)

今回は入賞作品はありません。

高校生以上の部  (応募作品数:9点)

今回は入賞作品はありません。

※各作品をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

※受賞者の学年は、コンテスト開催時(平成22年10月30日現在)のものです。

広報室

国立大学法人 九州工業大学
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
九州工業大学 情報工学部 情報・通信工学科
九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科
九州工業大学 情報工学部 物理情報工学科
九州工業大学 情報工学部 生命科学情報工学科

各種情報

スクールバス運行情報
シラバス
保健センター 飯塚分室
附属図書館分室
キャリアセンター
情報工学部 連携教育推進室
大学生活協同組合
教員公募

教育の取り組み

国立大学55工学系学部ホームペー ジ