HOME > 大学院 > バイオメディカルデザインコース

バイオメディカルデザインコース

情報工学及び生物医学の連携分野で医療イノベーションを起こすために、デザイン思考の能力を涵養し、マネジメント、リーダーシップ、チーム活動に関する知識及び技術を修得して、医工情報連携イノベータを育成します。


【学習目標】

新しい価値を創造するイノベーションとデザイン思考
デザイン思考とは、人間中心のアイデアで社会に新しい価値を生み出す、すなわちイノベーションを起こすもの(製品)やサービスを作るためのプロセス(手順)です。
他分野の人材が協力して行うチーム活動です。デザイン思考の象徴的プロセスである「共感」では、ユーザーが自覚しているニーズだけでなく、感覚を研ぎすまして、まだだれも気が付いていないようなニーズ(インサイト)を発見します。共感で得たニーズやインサイトから着眼点を見つけ、「問題定義」をして、解決のためのアイデアを「創出」します。そして、アイデアを目に見える形にするために「プロトタイプ」(試作品)を作り、実際にユーザーに「テスト」(体験)してもらって、改善を繰り返します。「ストーリーテリング」(物語をつくること)では、「何を」・「なぜ」作ったのかについて、関係者に論理的に説明するだけでなく、感情も動かして、アイデアを実現させる道筋をつくります。
医工情報連携分野においてイノベーションを起こすために、医療やバイオテクノロジーの現場でデザイン思考を実践します。
グローバルリーダーとしての資質の涵養
リーダーとして国際的に活躍するために、マネジメント、リーダーシップ企業活動に関する知識及び能力を修得します。
多様な異文化理解能力の涵養
日本の歴史・文化への造詣を深めると共に、異文化を理解・尊重するためにの知識及び能力を修得します。

医工情報連携イノベータ育成システム


飯塚市・飯塚研究開発機構、飯塚病院、シリコンバレーと九州工業大学で連携した、飯塚医療イノベーション推進会議を行っています。

コース修了基準

「バイオメディカルデザインモジュール」を修得すること。
さらに、バイオメディカルデザイン演習におけるグループの課題に関連する2つ以上のモジュールを修得すること。

バイオメディカルデザインモジュール :下記から8単位以上修得

  • バイオメディカルデザイン演習Ⅰ・Ⅱ(4単位)必修
  •  ※担当教員が主催する演習(時間等は担当教員と相談すること)
     ※年度末:BMIRC研究会にて発表会を開催

  • デザイン思考と医療ビジネス入門(1単位)必修・・・合計8回
  • 初回
    (4月初旬)
    「デザイン思考と医療イノベーション」とコース紹介を倉田先生が実施
    前半4回
    (月1、2)
    「デザイン思考入門」システムデザイン特論(小林順先生)に参加
    後半3回 「医療ビジネス入門」専門講師による公開授業を倉田先生担当
    (BMIRC研究会)
  • 情報工学実践セミナーⅠ(1単位)
  • 情報工学実践セミナーⅡ(1単位)
  • グローバル技術マネジメント
  • 技術マネジメントと実践論理
  • 情報工学部が指定する外国語によるマネジメント系科目
  • プロジェクトマネジメント特論
  • ビジネス・モデリング特論

◆グループ課題に関連するモジュール:1~30から選択

1.グラフィックスと応用モジュール
2.画像処理モジュール
3.集積回路設計モジュール
4.LSI Design Module
5.Applied Computing and System Design Module
6.半導体製造モジュール
7.知的制御モジュール
8.ロボディクスモジュール
9.CAEモジュール
10.知的自動化生産設計モジュール
11.精密工学モジュール
12.システム生物学モジュール
13.機能的プロテオミクスモジュール
14.生命医療工学モジュール
15.生命システム情報学モジュール
16.生物構造情報モジュール
17.コンピュータサイエンスモジュール
18.機械学習・発見モジュール
19.アルゴリズム設計モジュール
20.並列・分散システムモジュール
21.電子材料モジュール
22.回路システムモジュール
23.ネットワークモジュール
24.光応用モジュール
25.最適化モジュール
26.ロバスト制御モジュール
27.信号処理モジュール
28.非線形・非平衡モジュール
29.熱流動システムモジュール
30.ソフトウエアシステムモジュール

システムデザイン特論

システムをデザインするための方法について、PBL形式の演習を交えて講義する。特に、デザイン思考的方法に焦点を当て、ハードウエアスケッチやプロトタイピングを取りあげます。また、ディジタル工作機化の原理や使用方法についても説明する。さらに、実践的演習でシステムデザインを体験させて、修得した知識とスキルの効果を確認させる。
学部で学んだ「電気電子回路」「制御理論」などの知識に基づいて、システムをデザインする能力を身に付けることができます。「電気電子回路」「制御理論」に関連する科目を履修していることが望ましいが、必要最低限の知識は随時教授します。
【授業項目】

1.システムデザイン概論
2.デザイン思考
3.アイディア創出の技法デザイン思考
4.ペーパープロトタイピング
5.プロトタイピング実習1
6.フィジカルコンピューティング
7.エレクトロニクスデザイン
8.制御システムデザイン
9.メカトロニクスデザイン
10.ハードウエアスケッチ
11.プロトタイピング実習2
12.ディジタル工作機械の原理
13.ディジタル工作機械の使い方
14.システムデザイン実践
15.プレゼンテーション